●必要性が明確でないと、「やらされ感」が生まれる
 必須研修の場合、なぜそれを学ぶ必要があるのかを明確に打ち出し、参加者に納得してもらうことが不可欠です。例えば、企画担当が「部下を持つ人にはトップダウンの指示出しではなくコーチングスキルを活用した部下育成を行ってもらいたい」と考えていたとしても、参加者がその必要性を納得していないと、「やらされ感」しかないままに参加することになります。研修の必要性と重なる組織の方向性、必要性やメリットを、参加者の上司をうまく巻き込んで発信していきたいものです。

●本当に必要な人が受講しない
 「手挙げ」の場合、興味がある人、ニーズを感じている人は申し込みます。しかし、本当は必要なのに本人に自覚がないような場合、その人は参加しないということが起きます。例えば、アルバイトスタッフからは評判が悪い店長が、自分はアルバイトスタッフの指導はきちんとできていると認識していて自覚がないような場合です。「あなたはダメだから研修に行って学んできなさい」と伝えることは避けたいもの。どう自覚を促すかはかなり注意深く行う必要があります。上司との面談の中で自己分析や振り返りを行う機会を提供したり、「〇〇という課題を感じている人」「〇〇をできるようになって、もっとリーダーシップを発揮したい人」などと、対象者をポジティブな表現で描く工夫をしたりすることも効果的です。

●「学びたい!」とやってくるけど業務に必要でない
 上記とは逆に、業務上はその知識やスキルを必要としない人が参加してしまう、というようなことは起きていませんか? 例えば、マーケティングについて学んでみたいからマーケティング講座に参加している人が、実際はそのような業務は担当する機会が皆無である、というような状況です。「学びたい」と「手挙げ」の研修に参加してくれるのはいいのですが、企業で行う研修は、個人の興味に応える自己啓発というより、業務上必要な能力を高めるという性質のもの。選択基準を明確に発信する必要性があります。

 以上、「必須」と「手挙げ」にそれぞれ向いているもの、設定する時の注意点などをまとめました。今後の企画の一助になれば幸いです。

参考書籍:
講師養成講座で活躍する著者 中村 文子氏が、講師のスキルアップのためのノウハウをまとめた本
講師・インストラクターハンドブック
中村 文子、ボブ・パイク 著 / 日本能率協会マネジメントセンター

中村 文子(なかむら・あやこ) ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社 代表取締役
中村 文子

 大阪府出身、神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科 卒業。マイクロソフト株式会社名古屋営業所 勤務を経て、P&Gジャパン、ヒルトン東京ベイにて人材育成・組織開発に従事。2005年より現職。2006年にASTDのカンファレンスで人材育成の世界的権威、ボブ・パイク氏のセッションに初参加、大きな衝撃を受ける。トレーナー認定のプロセスを経て、2007年秋、日本人初のトレーナーとして認定される。専門分野は、トレーナー養成、ホスピタリティ、管理職研修、ビジネスコミュニケーションスキル研修など。ホテル業界、製薬会社、電機メーカーなどの業界で、活動中。早稲田大学エクステンションセンター、日経ビジネススクール、日本能率協会にて、講師実績あり。
●ダイナミックヒューマンキャピタル
http://www.d-hc.com/
https://www.facebook.com/DynamicHumanCapital/
●中村文子ブログ
http://www.d-hc.com/blog

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。