松丘啓司
エム・アイ・アソシエイツ(株) 社長

 最近では「女性活用」という表現が減り、そのかわりに「女性活躍」という言葉を頻繁に見かけます。「女性活用」というと上から目線の印象があるため、女性本人が活躍するという側面が強調されているのでしょう。けれども企業の中においては、上司が女性社員を「活用」しない限り、本人が「活躍」することは困難です。つまり、女性活躍は上司のマネジメントの問題であるということができます。

上司が成長機会を提供していない

 「新卒採用の面接では女性の学生の方が優秀だ」とか、「若手の社員の中では女性の方が男性よりもしっかりしている」といった声をよく耳にします。それが単なる主観的な印象にすぎないのか、それとも本当に事実なのかを検証するためにデータ分析を実施しました。その結果、多くの人の印象どおり、社員の平均的な問題分析力や判断力は、20代では女性が男性をかなり上回っていることが分かりました。しかし、30代になるとそれが逆転し、男性の方が女性よりも高い値を示すようになります。女性社員の能力値が下がったわけではなく、男性が大きく点数を上げているのです(「『若いころは男性社員よりも女性社員の方が優秀』は本当か?」 松丘啓司)。

 この事実は、20代から30代にかけて、成長機会に男女差が存在することを物語っています。若手社員に対して仕事を与えるのは上司であることから、職場における社員の成長機会のかなりの部分は上司に依存しています。つまり、上司が男性と同等に女性を活用していないのです。したがって、女性活躍のためには、上司のマネジメントのあり方の見直しが不可欠となります。

変革のステップ①:固定観念からの脱却

 上司の大半は男性管理職であることから、マネジメントのあり方を見直すためには、まず、男性管理職の意識変革が必要です。それは、過去においては当然と考えられていた常識を見直すことを意味します。世の中の環境変化によって、過去の常識は今日ではかならずしも常識ではありませんが、男性管理職の意識の中に固定観念として染みついています。その固定観念を払しょくしなければ、行動を変えることはできません。

 男性管理職から女性社員に対する固定観念として代表的なものに、役割分担意識とパターナリズムがあります。「育児は女性が担うものだ。したがって、出産するかもしれない女性に重要な仕事は任せられない」と、実績につながるような重要な仕事を女性に付与しないのは、役割分担に関する固定観念があるからです。しかし、育児は夫婦で担うことが常識となる時代は、すぐそこまで来ています。

 また、「女性には十分に配慮すべきだ」「女性には女性らしい仕事を任せるのが理想だ」と一見、良心的に重要な仕事を付与しないのは、パターナリズムが存在するからです。パターナリズムとは、父親を意味するラテン語の「パテル」に由来する言葉で、日本語では家父長主義と訳されます。立場の弱い女性をいたわらなければならないという親心が、女性の成長機会を狭めてしまっているのです。