産業医としてメンタル相談を受けるケースで、都心クリニックの心療内科外来でも頻度が高いのが「適応障害」です。

 適応障害には、通常、適応できないストレス因が存在します。上司や同僚と合わない、先輩につらく当たられる、業務内容が自分に合わない、業務量や責任範囲が大きすぎるなど、業務そのものだけでなく、人間関係や、コミュニケーションに起因することがほとんどです。このような本人の訴えを聞くと、人情としてはつい「それなら、部署を異動したほうが……」と思ってしまいますが、そう簡単にはいかないのが仕事です。

 「配置転換が望ましい」

 産業医意見書のこの文言に頭を悩ませたことのある人事担当者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 一口に会社と言っても、規模・業種・組織形態など様々で、特に嘱託産業医が関わる中小企業では、そう簡単に配置転換できないことが多いと思います。そして、異動は採用以上に困難な場合が少なくありません。医師、特に産業医としてはそういった状況も踏まえた上で、自分の意見書の持つ重みを再認識しなくてはいけないと日々実感しています。

 面接後に産業医意見書を見て、驚き慌てた人事の方が、セカンドオピニンを求め、私たちの事務所に相談にいらっしゃることがあります。それだけ、主治医の診断書、産業医意見書は会社の中で大きな影響力があるものなのです。

 本人の苦悩に耳を傾け寄り添うことは、産業医として大切なことです。しかし、本人の訴えだけを聞き、その場の判断で、産業医意見書に「配置転換が望ましい」と書いてしまうのは早計です。会社の状況を知ることが難しい立場である主治医と変わりありません。

 会社はなんのために、わざわざ産業医に意見を求めているのでしょうか? それは、会社の環境や状況を知っている産業医だからこそ、双方にとって現実的な解決策を見つけていくことを期待しているのではないでしょうか?

 例えば、本人の上司からも話を聞く、人事担当者からも状況を確認してもらう、3者での話し合いの場を設けるなどのクッションを設け、まずは、より正確に状況を理解する努力を怠ってはいけません。

 一方で、法外な長時間労働や、明らかに劣悪な環境、ハラスメント・レベルの人間関係のトラブルは別です。環境改善も産業医の大事な仕事のひとつですから、そのような場合には、環境改善や「配置転換」を直ちに意見し改善を求める必要があります。こうした大きな話にまで至らなくとも、本人が適応しやすい環境を職場や本人と対話を重ねながら見つけていきます。