石井 りな
フェミナス産業医・労働衛生コンサルタント事務所、(株)プロヘルス代表

 最近、妊娠された社員さんから産業医への健康相談が増えています。

 以前は、「妊娠は病気ではないから」と産業医のところまで案件がくることは少なかったのですが、働く女性が増えるとともに産業医の存在が周知され、うまく活用してもらえる職場が増えてきている印象です。皆さんの職場では、社員から妊娠の報告を受けたら、健康面の配慮はどうされていますか? 社会的な手続き以外の、体調やメンタルに関する健康管理について考えてみましょう。

 妊娠中の健康相談としては、悪阻(つわり)とのつき合い方、切迫流産からの職場復帰、切迫早産による早期休業、産休直前の体の負担などです。そのなかでも多いのは、「悪阻」に関することです。おなかが大きくなれば、周囲も自然と気遣うようになるのですが、悪阻の時期は、まだおなかも大きくないので周囲から気づかれにくいということがあります。

 また、「悪阻」そのものは病気ではないと捉えられることが多いため、症状などを職場に直接は、なかなか言い出しにくいものです。産業医のところへ相談にくるケースでは、吐き気やだるさと毎日孤独に闘いながら、満員電車を耐え抜き、やっとの思いで出社しているというケースもめずらしくありません。

 悪阻がひどいと、気分もめいりやすくなるため、身体面だけでなくモチベーションなどメンタル面のケアも大切です。そんな時、どのような配慮が助けになるのでしょうか? 一般的には、ラッシュを避けた時差通勤や時短勤務、残業制限、外回りの免除、出張免除などがあります。

 私自身も、妊娠中に職場の配慮で大変助かったという経験があります。

 勤務医時代、悪阻があまりにもつらかった時期に配慮していただいたことにとても感謝しています。1人目の時は、吐き気や不快感は常にあるものの、仕事を終えて帰宅すればゆっくり過ごせて疲れを取ることができたので、仕事に大きな支障を来すことなく過ごせました。

 しかし、2人目の時は、通勤時間も長くなり、まさにラッシュアワー。帰宅しても育児や家事をする環境で、「ゆっくり過ごす」時間は皆無でした。悪阻は1人目の時よりひどく、妊娠・仕事・育児のバランスにとても苦悩する一方で、ただでさえ産休で穴を開けてしまう申し訳なさがあり、体調について、なかなか言い出しにくいものでした。体調が優れないあまりに「このままでは仕事を続けられないかもしれない」と不安が募っていったのです。