そもそも職場の健康管理や衛生管理には、「臨床の◯◯科」とは別に「産業保健」「労働衛生」「産業医衛生」「産業医学」と表現される、産業医としての専門分野があります。この分野の専門医としては「産業衛生学会専門医」「社会医学系専門医」などがあります。臨床の専門資格の有無だけで産業医の活動が制限されたり、産業医のスキルを分別したりするのは適切ではありません。臨床の知識と経験に頼って産業医活動(職場の健康管理)を行っても、主治医と視点が変わらず、なかなかうまくいきません。

 臨床の専門分野を生かしながらも、職場で生じるあらゆる専門外の健康障害に対しても日頃から理解を深め、職場が用意できる環境や作業内容と照らし合わせて「健康障害が仕事に支障を来さないか」「今の仕事をすることで健康障害を悪化させる恐れがないか」をその都度見極め判断していく姿勢が重要です。そして、産業医は目前の労働者のことだけでなく、組織全体のバランスを見ていかなくてはなりません。産業医は主治医と違い、個人の産業医だけでなく、その職場で働く労働者皆の産業医なのです。

 「ブラック産業医」と誤解されやすいのは、主治医と異なり、産業医は目前の労働者の意に反する判定を下さざるを得ない場合があることも影響していると思います。私も、苦しい判定をせざるを得なかった経験があります。職場の業務内容や就労形態を踏まえた、妥当な復職可能基準に達していない場合、安易に復職させても再び体調が悪化する恐れが高いと予測できる場合などです。

 産業医は、面接時点の回復状態だけでなく、実際に職場に復帰させた後の経過についてもある程度考慮したうえで判定します。未来のことは100%予測できるわけではありませんが、産業医が復職可と判定したにもかかわらず、復帰後間もなく欠勤が相次ぎ、再休職になっては適切な判断だったとはいえません。

 このように、産業医の復職判定に責任が増してきている風潮がありますが、一方で、主治医の「復職可」の診断には精度や責任は追求されないのでしょうか。例えば、主治医の判断を尊重し復職させたが、間もなく再休職となったような場合、主治医の診断精度や責任が問われてもおかしくはないでしょう。少なくとも「患者に依頼されたから」「患者が希望したから」といった受け身的な診断書作成はあってはなりません。