居酒屋で若い社員が会社の先輩に連れられて飲んでいる様子などを見ると、私はいつもそれを痛感します。酔って顔を赤くした先輩が、よかれと思って言っている厳しいあれこれは、おそらく若い社員の心には響いていません。先輩がトイレに立った時に、深くため息をついている彼らを、私は何度見たことでしょう。

 これは、先輩が悪いのでも若い社員が悪いのでもありません。ただ、ずれているだけです。

 忘れないでいたいのは、若者たちは「仕事をしたくない」と言っているわけではないということです。彼らなりに仕事については前向きに取り組んでいるのです。ただ、働く理由がマネジャー世代とは違っているというだけです。その理由に、いいも悪いもありません。

 あなたにとって必要なのは、若い部下が会社にやってきて仕事をこなしてくれることです。そこで結果が出ればいいのであって、働く動機付け条件を、自分と同じものにしてもらう必要などありません。

 逆に、自分とは違う若者たちの動機付け条件を知っていれば、彼らに気持ちよく働いてもらうことができます。それをせずに「なぜ、違うのか」ともんもんとするのは、とても不毛な話です。

石田 淳氏のセミナー:
『教える技術』速習講座
「できない」社員を「できる」社員に育てる! “行動科学”で、あなたの部下指導法が劇的に変わります。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP社

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンに挑戦、いずれも完走を果たす。著書に、『8割の「できない人」が「できる人」に変わる! 行動科学マネジメント入門』(ダイヤモンド社)、『挫けない力』(清流出版)『教える技術』(かんき出版)、『会社を辞めるのは「あと1年」待ちなさい!』(マガジンハウス)、『組織行動セーフティマネジメント』(ダイヤモンド社)、『組織が大きく変わる「最高の報酬」』(日本能率協会マネジメントセンター)、『3日で営業組織が劇的に変わる行動科学マネジメント』(インフォレスト)、『短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント』(ダイヤモンド社)などがある。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。