日本大学アメリカンフットボール部の危険タックル問題は、収束に向かうどころか、ますます大きな社会問題に発展していきそうな気配を見せています。

 学生世代でもなく、その親世代でもない人々までが大きな関心を寄せているのは、そこにビジネスの現場さながら、いやそれ以上の理不尽なパワハラが見て取れるからでしょう。

 金や名誉や地位を守りたい大人が、己の欲望のために、純粋にスポーツに打ち込んでいる学生をパワハラで支配していたらしい構図に、みんなががくぜんとしているわけです。

 こうした、多くの人々に共通した思いのほかに、もう一つ、少し違う角度から憂慮すべき問題を指摘する論評があり、考えさせられました。一口に言うと「日本の大学の体育会の存在が、企業におけるパワハラの温床になっているのではないか」というものでした。

 それは、体育会出身者を非難するものでは決してありません。むしろ、彼らをおもんぱかっての指摘です。体育会が持つ構造的体質が、知らず知らずのうちに優秀な若者たちにパワハラを受け入れる思考を根付かせてきたのではないかというのです。

 今のように売り手市場ではない就職氷河期にあっても、体育会出身の学生は企業から歓迎され高い就職率を誇ってきました。体育会出身者は礼儀正しく、上下関係もしっかりしており、少しくらいのハードワークでは音を上げない根性があるからです。

 そうした彼らは、部下としてはとても重宝されました。しかし、今の時代に自分が上司になればどうでしょうか。体育会で後輩に接していたように部下に対して振る舞えば、「パワハラだ」と糾弾されてしまいます。

 彼らは、これまで上司からかわいがられ否定されずにきただけに、自分のやり方のどこがいけないのか分かりません。いきなり「ノー」を突きつけられて困惑している人も多いのではないでしょうか。

 もっとも、特異で理不尽な上下関係は、体育会に限らず学術研究の場でも見られます。「教授の意向に逆らったら、研究メンバーから外されて将来がなくなってしまう」といった声は、いまだに頻繁に聞かれます。

 おそらく、私たちは多かれ少なかれ、これまでの人生において何らかの形でこうした理不尽をかぶり、また他者にかぶらせてもきたのです。そのため、どこか日常の風景になり、小さなパワハラに鈍感になっている一面があるのだと自戒する必要があるでしょう。

 今回、日大の指導者側の言い訳に、「乖離」という言葉がたびたび使われました。そこでは、両者の間に乖離があったように、つまり学生が違う解釈をしたかのような説明がなされました。

 その真偽はどうであれ、そもそも、こうしたことを、上に立つ人間が堂々と口にすること自体、理解の範疇を超えています。