以前から「5月病」という言葉があり、GWが明けた頃になると心身の不調を訴える人が増えます。5月病にかかるのは主に新入社員で、入社したばかりの4月中は張り切っていたものの、なかなか新しい環境に順応できずに精神的に参ってしまうのです。

 なまじ、GWで長い休みを取っていただけに、出社したくない気持ちが募るのかもしれません。ひどくなれば、うつ状態に陥り、そのまま会社を辞めてしまう人もいます。

 今は、長期間の新人研修を行う企業も増えていることから、5月病が起きる時期が先送りされ「6月病」という表現も生まれているようです。

 あなたの部署の新入社員は、こうした病にかかっていないでしょうか?

 新しい環境に順応できているでしょうか?

 もしかしたら、彼らは今、会社に残るか辞めるか迷い、それを決定するギリギリのところにいるかもしれません。

 注意してほしいのは、いかにも順応できているかのように明るく振る舞っている新人に限って、いきなり辞めてしまうことがあるという点です。

 しかし、だとしたらなおさら、彼らが本当に順応できているかどうかなど確認しようがありませんよね。それに、彼らの顔色を窺ってビクビクしていたのでは仕事になりません。

 一つの確実な判断方法は、先輩であるあなたたちの行動を振り返ってみることです。

 彼らが知りたがっていることを、本当に丁寧に教えてあげているか。それができているなら、新人たちの順応度合いは高くなっているはずです。

 都内に本社を置く有名メーカーに、この春、入社したばかりのA君は、5月半ばを迎えた段階で、すでに当初の元気を失っています。会社に行くと分からないことだらけで、胃が痛くなってしまうというのです。

 「分からないことはなんでも聞いた方がいいよ」とアドバイスしたのですが、A君にはトラウマになってしまう出来事があったようです。

 1カ月の新人研修を終え、配属になった部署で初めての会議に参加する時、指定された会議室までどうやって行ったらいいのか、A君には分かりませんでした。何しろ、本社ビルは巨大なのです。そこで先輩に聞いたところ、「は? 普通にエレベータ使えば?」と鼻で笑われたそうなのです。

 いえ、鼻で笑われたというのはA君の思い込みかもしれません。しかし、普段から質問したことに対して「そんなこと聞くなよ」といわんばかりの態度を示されることが多かったため、いよいよ心が折れかけているようです。

 実は、新入社員の多くが、張り切って向かった実際の配属先でショックを受けます。そこには、新人研修で抱いていたイメージと大きなギャップがあるからです。