外資系の人事の本部長に求められる資質

細川:外資系の人事の本部長には、どんな資質が必要だと思われますか。

遠藤:日本のことを説明しても理解してもらえない、ということはたくさんあります。ですから、グローバルの考えや戦略を理解したうえで、日本はその中でこういう位置付けなんですよ、と説明できることがひとつの大切な要素ですね。それから、日本企業でも恐らく同じだと思いますが、本社の戦略を理解して、今やっている日本のことがそれに当てはまるかどうかなどを判断していくので、ビジネスのロジックやストラテジーをよく理解していることも、グローバルのHRのトップに求められていることですね。もちろん英語も重要です。

細川:英語はネイティブレベルが必須ですか。

遠藤:ネイティブである必要はありませんが、ビジネスが話せるくらいの能力は求められます。あとは、柔軟性とスピードです。相手のスピードに合わせて的確に反応していくことが大事ですね。

細川:アジアパシフィックの方ではどうでしょうか。

遠藤:同じですね。オラクルという会社は、リージョンごとの差がそんなにないです。昔はもっと国やリージョンごとに差があったのですが、最近はグローバルのオラクルで、ある程度同じことが求められ、同じような仕事をしなければならなくなり、差がなくなってきました。逆に言うと、今までは「日本が特別だ」などと言えたのですが、日本がユニークなのと同じように、インドも中国もラテンアメリカも皆ユニークなので、「日本は特別だ」と、もう声高には言えない世界になりました。同じグローバルカンパニーの一員であることを理解することが、何年か前から非常に求められています。

グローバル化のメリットは全体最適化による効率アップ

細川:他の外資系のHR責任者の方も、同じことを言われていますよね。結果として、そちらの方が、成果が上がるのでしょうか。

遠藤:もちろん上がりますね。グローバル化の良いところは、効率的なところです。システムがひとつなので、日本固有で考えて日本で終わってしまうのではなく、グローバル全体で最適化を図ることができます。そういう意味での会社全体の効果はあると思います。例えば日本である役割の人を採用しなければならない時に、各国に同じような仕事をしている人がいれば、そういう人たちを上手にリソースとして活用できるんです。日本はそのリソースを借りれば、少ない人数で同じ結果が出せるわけです。グローバル全体ではものすごく効率化が進みますし、グローバリゼーションも進みます。

細川:人的な移動もスムーズにいくわけですね。

遠藤:そうですね。オラクルは国境や国はあまり関係ないとしていますので、グローバルで人がかなり激しく動いています。それも会社主導ではなく、弊社が提供している人材管理のクラウド・アプリケーション「Oracle HCM Cloud」により、全世界の空きポジションが見えるようになっていて、社内公募を行っています。

例えば日本からアメリカに行く場合、一般的には出向のような形で赴任することが多いと思いますが、オラクルでは転籍が主流になっています。戻りたければ、また応募して戻ってきなさいということですね。そういう意味での人材の活性化の在り方が、少しユニークかもしれませんね。日本から送り出して、教育を受けて戻ってくるというよりは、個人個人が行きたいと言えば、能力さえあれば、その国で働くことができる環境が整備されているので、人材の活性化はしていると思います。

オラクルにはITのソリューションを導入するコンサルタントがたくさんいるのですが、例えばあるプロジェクトが海外であると、必ずしもその国の社員コンサルタントをするわけではなく、その専門性をもった他国のコンサルタントがその国に行き、プロジェクトを進めていきます。多様性に富んだ社員が各国で、様々な働き方をしている、多様な働き方を比較的機動的に行っている点は特徴的かもしれませんね。

英語力が世界を広げる

細川:今の若い人たちはあまり海外留学をしませんよね。商社やメーカーに入っても海外に行きたくない人もいると聞きます。

遠藤:最近は増えているようですね。もったいないと思います。

細川:日本オラクルでは、若い人も自分から「私が行きます!」という感じなんでしょうか。

遠藤:海外で働くということは、一定以上の英語力やコミュニケーション力が必要とされます。残念ながら、弊社でそこまで達している人はそれほどに多くはありません。業務の中でグローバルプロジェクトに携わったり、日常的に電話会議等を通じて外国人とやりとりをすることはありますが、手を挙げてパッと行って活躍できる人はそう多くはありません。そこは非常に悩ましいところで、日本全体の課題ではないかと思います。

細川:遠藤さんとしては、英語力を上げてどんどん行ってほしいんですよね。

遠藤:そうです。そうすると世界も広がりますし自分のキャリアの選択肢も増えます。日本語しかできなければ、日本オラクルか、日本オラクルではない日本の他社に行くしかありません。弊社の社員は今、2,600人程度ですが、グローバルでは13万人の社員が在籍する企業です。ということは、13万ポジションがあるわけです。それだけ機会があるのであれば、広い活躍の仕方ができます。

個人の志向で海外に行きたくないとか、日本がいいという人がいてもいいとは思いますが、もっと自分の目を広げたい、見聞を広げたいと思うのであれば、やはり英語は頑張ってもらわなければなりませんね。会社が育てるのには限界があって、時間もかかります。自ら勉強をして、活躍していただくというのが、人事としても楽ですし、ありがたいですね。

細川:自立していくわけですから、人事としてはすごくいいですよね。逆に海外から日本にも人がくるんでしょうか。

遠藤:オラクルの他の国から赴任しているケースはありますが、非常に限られています。ただ、海外から社内公募に応募して日本で働きたいという人はいますよね。その点については、職種にもよるのですが、お客さまに接する時には、先ほどの話とは反対に、今度は日本語ができなければいけませんから、非常に限られてきます。人数は少ないですが、新卒にしても中途にしても、外国人の方も応募してこられます。