女性が本当のリーダーになるために

河北:私は女性の専門家ではありません。むしろ男性社会でばかり仕事をしてきました。組織開発や人材育成の仕事をしていて感じるのは、日本企業の多くは(母数も少ないのですが)管理職対象は男性ばかりです。女性活躍がうたわれる昨今では随分変化し、課長までは女性の就業がどんどん増えています。しかし裁量を持つ部長以上はぐっと少数になります。女性の管理職に対して、目標達成のための“マネジメント”は望んでいても、未来を創る真の“リーダーシップ”を期待することは、まだ少ないように感じます。女性はリーダーになる素養はあっても、育ててもらえてないのです。

 最近は「女性活躍推進」に関する会議などに参加することもあるのですが、男性と女性が議論していると、そこは思い切り男性社会なんです。観察しているとその女性が言いたいことが頭の上にマンガの吹き出しのように見えるんですね。でも、女性はその場では言いません。質問するのも意見を言うのも男性ばかりです。でも、会議が終わり、女性だけで集まったりすると、そこで議論が生まれます。男性を批判するのではなく、生産的で創造的な話ができるのです。私はそれを見ていて、本当にもったいないと感じています。

 ただ、女性が、男性イニシアチブの組織のその場で言わない理由もわかります。アイデアがあっても、言えば叩かれることも多く、言わない方が可愛がられたりします。男性を立てておいた方が良いだろう、ここは自分はと引いてしまいがちです。場を読んで、ここはそうしないほうが良いだろうと判断するんです。そのこと自体は決して悪いことではないのですが、企業の成果には貢献していません。そうして優等生を演じているうちに、それが知らない間にスタンダードになっていまい、自分はこのくらいだろうと自分の可能性を決めつけてしまいがちです。

 「最近は女性が活躍する時代だから、ここでちょっと感性豊かな女性の意見も聞きたいのだがどうかな?」などと男性役員が話す場を見たことがありますが、痛々しい空気が充満しました。これもまた企業の成果に繋がりません。実際には女性自身もまた、性差の役割意識が働いてしまい、すぐに議論の当事者から書記役に回ってしまう方もお見受けします。つまり、トップの価値観、社会や企業の制度、風土、これまでの育成の文化、男性のジェンダーギャップに関する無関心さ。しかしそれだけでなく、女性自身の囚われもまた、同じように問題なのです。

 だからこそ、女性リーダーが伸び伸び育ちやすい環境や場を創ったのです。女性に特化したプログラムでなくて、次世代リーダーとしての在り方とやり方を実践知として獲得していただきます。そして、いつか使うために学ぶのではなく、学んだことを深堀りして価値化し、日常の仕事場で、自分の生活で、試行錯誤しながらも行動してほしいです。吉田松陰は行動に繋がらない学問は無意味だとも言い切りました。学ぶことにより不安をなくすことも必要ですが、いかに行動するか、早く失敗を重ねることができるかが大切なんだと思います。