日経BP社では、少子高齢化による人手不足や長時間労働是正、生産性向上といった課題が山積する中、企業の成長につながる真のダイバーシティ推進と働き方改革を考えるセミナー「ダイバーシティと経営革新」を開催。政府担当者、先進企業の経営層、学識者が登壇した講演の中から、損害保険ジャパン日本興亜 取締役常務執行役員の伊東正仁氏による特別講演「Diversity for Growth~経営戦略としてのダイバーシティ~」の内容をお届けする。
(文=谷口絵美、撮影=竹井俊晴)

ダイバーシティの目的は企業と個人の成長のために

 当社は昨年、内閣府の「女性が輝く先進企業表彰」で内閣総理大臣表彰をいただきました。これからお話しする当社の取り組みは、驚くほどオーソドックスだと思われるかもしれません。私は人事担当として試行錯誤の連続でしたが、その時々でなぜそう考え、どうやって実現したのか、振り返ってみると何が良かったのかをお伝えできればと思っています。

損害保険ジャパン日本興亜 取締役常務執行役員 伊東正仁氏
損害保険ジャパン日本興亜 取締役常務執行役員 伊東正仁氏

 ダイバーシティの目的を聞かれたら、私は2つの成長のためと答えています。1つは「企業の成長」、もう1つは「個の成長」です。とくに個人の成長が大事なポイントだと思っています。個人個人が強みを伸ばし、やりがいや成長を実感してもらえれば、モチベーションの高い社員が増える。そうすれば会社の成長にもつながります。そして、ダイバーシティの実現にはステージがあると思っています。多様な価値観を生かそうといっても、それぞれがマイノリティのままでは結局何も変わらないし、サステナブルにはなりません。これまでとは違う価値観をもった「かたまり」を作らないと、現場は変わっていかない。それが女性だと思います。

 真のダイバーシティーからすれば女性活躍はその小さな一歩にすぎないということも理解していますが、実は大きな歯車を動かすための偉大な一歩としてこれを起爆剤にしていきたいと考えています。

 女性が活躍できるさまざまな取り組みを通じて、魅力ある女性管理職が全国に次々と生まれ、企業の女性同士がネットワークを組んで地域の課題を解決していく。その経験を気づきとして、自らの成長、企業の成長につなげていく。こういった好循環をつくると、多様な価値観を持つ個人が活躍する、真の意味での「Diversity for Growth」につながっていくのではないかと思っています。

働きやすさは女性活躍のスタートラインにすぎない

 当社の女性活躍の取り組みは、働き続けられる環境づくりから始まりました。私が入社した80年代は、女性は結婚退職が当たり前の時代でした。2000年代に入って当社は国内大手金融機関初で女性活躍専門の部署をつくりましたが、ちょうどこの頃は損保が合併を繰り返した時期。合併によって一番大変になる事務処理を担う女性のために、制度を充実させたり、モチベーションをどうやって上げていくかということに取り組んだりしました。