50代を新たに求める企業は少ない

 Part2はキャリアコンサルタントの山岡正子さんが、自分自身の就職活動を通じて、50代の転職・就職事情を発表してくれました。

 彼女は30代・40代で営業部長、マーケティング部門取締役、人事部長という華々しい管理職経験を持っています。しかし、50代での就職では全く意味がありませんでした。そもそも50代を管理職として求めている企業がない(ハイレベルのキャリアは別)という現実がありました。また、東京都のハローワークでは55歳はシニア扱いで60歳の定年者と同じ求人コーナーでした。

 シニア大歓迎の仕事は、土日や深夜シフト勤務が多く、20代~40代のワークライフバランスが大変な世代が働けない時間の穴埋めをできるのが、働く人生も子育ても終わってきた50代以上の人ということです。

 彼女自身、50代半ばを過ぎても気力体力は、まだまだ40代の延長線上のような気持ちでいました。しかし求人企業側は、50代をほとんど定年者と同じように見ているという現実の厳しさを目の当たりにしました。また提示される給料も、初任給程度が当たり前で、高額なものはほとんどありません。つまり、会社での役職定年と同様に、外に働く場所を求めたら、それ以上に厳しい状況が展開されます。社内で培った過去の経験値は、外に出た50代ではゼロリセットされてしまうということです。

 彼女が数カ月の就職活動を経て、実感として50代に伝えたいメッセージは以下の通りでした。

1.コアスキルを高める(資格・専門性&経験)
~雇用される価値を高める!

2.時代の変化を察知するアンテナ
~自分の市場価値を常に意識する!

3.心と身体を元気に保つ
~会社の外でも人脈を広げる!

◎50代からの人生に「安定」はない!
100歳人生、生涯現役時代を“活き活き”働くには、40代後半から準備することが重要!

 まさに、働く50代の方々全員が肝に銘じなくてはならないことです。

 彼女自身は、キャリアカウンセラー、研修講師などいくつかの収入の柱を作って仕事をしていますが、実は、そういった働き方も、50代以降は選択肢として考えておく必要があります。