「50代に教育したってお金がもったいない。どうせ変われないよ。植田さんだって、本当はそう思っているんでしょう?」

 「若い世代に活躍してほしい、投資するなら若い世代だよ。50代にお金を使うなんてもったいない」

 「人材育成のお金を何に使うか?」「どこに使うか?」。こんな本音をぽろっと私に漏らす経営者の方々もいらっしゃいます。そういう本人も50代だったりします。私がとても悲しくなる瞬間です。

 50代の意識改革の研修に取り組まなければ「反面教師の50代」が増え続けると分かっているのに、目をつぶってしまっています。50代の働き方、働くうえでのモチベーションは、若い世代に大きな影響を与えます。もちろん、組織のモチベーションにも響きます。

 今まで見ないふりをしていた多くの企業も、シニア世代の活躍には、真剣に向き合わなくてはなりません。後回しではダメなテーマであると、経営者の方々にも自覚してほしいと思います。

「50歳でリセット」の重要性! 人生の断捨離!

 自分の人生と定期的に向き合い、自分のモチベーションを見つめることをしている人は少ないでしょう。しかし、人生のいろいろなイベント、例えば結婚や転勤など、仕事やプライベートの出来事に直面すれば、私たちは立ち止まり、自分の人生と向き合います。

 また、25歳、30歳、35歳、40歳、45歳と年代が変わったり、同じ年代の後半に差し掛かったりした時に、ふと立ち止まります。まさに50歳も立ち止まりポイント。50歳以降の人生との大きな節目ポイントです。

 なぜなら、ここから人生の下山が始まるからです。40代まで上ってきた人生の山道、その下山が始まります。人の一生において理解できるこの変化が、会社生活でも同じくあるということに気づかなくてはなりません。

 50代は女性だけでなく、男性にも更年期が訪れます。女性の更年期は45歳頃から始まりますが、50歳前後が一番大変な時期です。男性の場合は、55歳の役職定年くらいの年齢が、まさに更年期となります。いろいろな意味で自信が失われ、精神的にも不安定になる。

 だからこそ、自分自身としっかり向き合い、これからの人生をしっかり描いて生きなくてはなりません。私は、50歳・51歳になった方々に、自身のキャリア、人生と向き合う研修を受けてほしいと思います。

新たな人生観に気づくチャンスを与え続ける
新たな人生観に気づくチャンスを与え続ける