女性活躍よりシニア世代活躍の方が深刻

 バブル入社以上の50代、もうすぐ50歳の方々は、昭和の高度成長時代に入社しました。会社に身を任せて兵隊として働き続けるなかで、給料も自然に上がり、ある程度豊かな生活もおくることができました。自分自身と向き合ったり、自分の将来や夢を意識したりする必要などなく、目の前にあることを真面目に頑張っていれば、幸せな人生を過ごせたのです。

 今の20代・30代は、学生時代にキャリア教育を受け、入社時には「キャリアビジョン」などを描いています。しかし、50代の方は、そのような経験を持っていません。会社の流れに身を任せ、人生への不安を感じることなくやってきました。

 だからこそ、50代になった今、自分を取り巻く状況の変化に全く準備できていない人があまりに多いのです。本来なら30代でするべき「自立」、自分の未来を自分で描き、それに向かい前に進むことができない50代がとても多いように感じます。

 役職定年や60代の再雇用制度のなかで役職がなくなり、給料が激減することが、自分の人生に突然起きた悲劇のように感じてしまっています。

 「給料が減ったら住宅ローンが払えない」

 「給料が減ったら子供の学費が払えない」

 「俺はまだまだ40代には負けない、同じ仕事ができるのになぜだ」

 「ここまで頑張ってきたのに肩書を取るな」

 「肩書がなくなったら、名刺交換ができなくなる」

 と怒り、制度に反発し、最終的には時代の変化のせい、会社のせいと「他責」ばかりしてしまう。被害者意識が高いまま不満を自分の中にためこみ、自分の殻に閉じこもってしまいます。そんな気持ちで働き続けている50代対して、周りの人たちもどう接していいか分からない。

 50代が働き続け、活躍する時代になることは、女性活躍推進が活発になった10年前から当然に予想されました。しかし、それは自分事ではなく、他人事。まさか自分の環境も変化するとは想像していませんでした。

 しかも、その変化を受け入れるためには、自分の人生観が凝り固まってしまう年齢であることが、多くの50代を足踏みさせています。私は、企業が取り組むシニア世代の活躍は、女性活躍推進よりも、もっと深刻で大変なことだと感じます。