昭和の時代は、上りきったポジションのまま横ばいで定年の55歳を迎えることができました。では、今は定年延長になったから、横ばいが伸びたのかといえば違います。役職定年があります。役職定年制度がなくても、50歳を過ぎたら「キャリア下山」することを会社から勧められる人が増えます。理由は、管理職のポジションには限りがあるからです。誰が管理職として会社をリードしていくのにふさわしいのか? それは、今の時代とともに生きて成長するエネルギーのある人たちです。つまり30~40代です。その世代に笑顔で気持ちよく席を譲っていくことが、50代の管理職に求められていることです。後進を育てたうえで自分は役を降り、次は縁の下の力持ちになるといったイメージです。

 しかし、昭和の軍隊的なピラミッド型組織のなか、年功序列の昇格で、ようやく上り詰めた頂上のポジションを次の世代に譲ることなど、昭和世代、バブル世代の男性には耐えられない屈辱に感じるようです。「肩書=自分の働いてきた証、プライド」。この昭和感覚こそが、役職定年の抵抗感の根源です。

人生100年時代のキャリアカーブ

自分の社会的価値を知らないのは自分だけ?

 「50代を採用したいと思う企業は本当にないのでしょうか? 50代で転職に成功している例はないのでしょうか?」。

 第2部の講演では、キャリアコンサルタントの山岡正子さんから、50代が会社をいろいろな事情で辞めた場合の転職事情に関して、かなりシビアな現状が発表されました。特に、ゼネラリストといった専門分野を持たない管理職ほど仕事がないという話は、かなりキツイ内容でした。それを受けてのこの質問は、一筋でもいいから、成功事例を聴きたかったのかと思います。

 「50代の転職成功事例を、私たちは知りません。ただ、自分の価値を知りたいなら、転職サイトなどに登録すれば、すぐに分かりますよ。今の20~30代はかなりの確率で転職サイトに登録していて、自分の価値を意識している人が多い。そして、今の会社よりも、やりがいがあったり、条件がいい会社があったりすれば、すぐに転職したいと思っているし、実際に転職しています。また転職できる年齢が30代前半くらいまでであることも彼らは知っています。自分がどのくらいの価値かを知っていることは重要ですよ」。

 これまた、ちょっと痛いツボを押してしまったかもしれません。今の50代は、転職という発想がない世代です。学生時代にキャリア教育を受けたことはなく、会社に入り、ただ目の前の仕事を一生懸命やり、何も考えずに働き続けて今に至っている人たちです。会社のなかで長年働いてきた自負や社内での自信はあっても、「自分がほかの会社で通用するのか」という観点で自分を見つめてきていません。実は「名刺の肩書も自分自身の実力を証明するものではない」ということを知らない人も多いと感じます。

50代で会社にエンプロイヤビリティ(雇用される能力)の低さの自覚

 第3部の講演は私の担当でした。50代は昭和人生観、価値観を完全に卒業し、自分のキャリアビジョンを描くとともに、エンプロイヤビリティ(雇用される能力)を高める努力をすることが重要であること、また、会社から求められる最も重要な役割は「貢献」であることを強調しました。

 「うちの会社は、まさにモチベーションが低く、文句と権利主張ばかりする50代であふれつつあります。どうにかしなければと思っていましたが、今日その方向性が分かりました」。

 「今の50代の姿を見れば、若い世代は皆、転職したがって当然です。実はどうにかして50代に早く退場してもらうための方法を探していました。でも今日の講演を聴いて、彼らが気づいて変わってくれたらいいのですね」。

 講演が終わった後、20~40代の男女の参加者が、私との名刺交換に列を作りました。どうやら、私の講演に心動かされ共感してくれたのは、当事者世代ではなく若い世代だったようです。彼らが社内の50代について、どれだけ悩み、問題に思っているかがよく分かります。

 先ほどの質問をした50代男性たちは、部屋を飛び出していくように帰っていきました。たぶん、痛いツボを押され続けて、つらい時間になったのかもしれません。ただし、50代の男性のなかに、今日の講演に感動し、自分のやるべきことが分かったと握手をしてくれた男性も数名いました。「ああ、よかった。気づいてくれる50代もいる」彼らのような50代が増えること、増やすこと、私がこれからやるべき、大きなミッションだと思っています。

植田寿乃氏のセミナー
-----------------------------
2018/7/24東京 「キャリア・ブレイクスルー研修」体験会
2018/11/19東京 50歳からの幸せなキャリアの見つけ方

植田 寿乃(うえだ・ひさの) キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント
植田 寿乃

 IT業界の人材育成を目的に有限会社キューを設立。その後、人材開発業界に転身。「モチベーション・リーダーシップ」「経営陣、管理職の人間力アップ」「女性と組織の活性化」「メンター育成」に取り組み、各種オリジナルカリキュラムを開発し、研修・講演を実施。著書に『「女性を活かす」会社の法則』『キャリアセレブになる36の秘訣』『30歳からの幸せなキャリアの見つけ方』など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。