困難を避けて、楽観的に人生を楽しむ

 目の前の仕事をただ頑張ってやっていたら自然に給料が上がるし、ボーナスも出る。20代でバブル体験をした人のなかには、定年までなんとなく勤められて「セカンドキャリアは退職金をもらってから考えよう」という悠長な人生観を持っている人が多くいます。そういう人は、楽観的というよりも、根拠のない自信を持っている。自分自身の人生と真剣に向き合ったり、人生計画を立てたりすることもなく、当然のことながらキャリアビジョンも意識したことはありません。

 また、お金に関しても、「倹約」の意識が非常に低い。お金は使うためにあるのだから、欲しいものを買うし、好きなものを食べる。着飾ること、ブランド商品を身に着けることに幸せを感じます。今の20~30代からは「金遣いが荒い」「浪費家」と思われています。

 仕事においては上昇志向がそれほど強くなく、仕事よりもプライベートが豊かならいいと思っている人も多い。ただし浪費家が多いので、高額の給料を維持しながら、何しろ今この瞬間を楽しんで人生を過ごしていきたいと思っています。会社に高額給料のまま、できるだけ雇ってもらいたいと思っています。ぶら下がり根性の人も少なくありません。

 しかし、就職も含めて、働くうえでの苦労をしてこなかったがために、仕事上でトラブルや挫折を乗り越えることには不慣れです。役職定年や人事異動などで給料の減額を言い渡されるとショックで非常に落ち込み、そのままメンタル不調になったり、会社を辞めてしまったりもします。会社を辞めずに、「バブルの頃はよかった」と愚痴をまき散らす困った存在になっている人もいます。

変化の時代の働き方生き方、求められる人とは

 今はどんな大手企業であっても10年後、20年後に存続できているか分からない激動の時代です。統合や合併のニュースが日常茶飯事、いつ自分の会社に起きるか分かりません。企業寿命自体が30年ではないかともいわれるような時代で、生涯1社で働き続けることは、ほぼ不可能です。

 企業には、5年後、10年後を見据えて生き残るための、真剣かつ柔軟な経営が求められています。また、働く人にも、5年後、10年後を見据えた働き方が求められています。会社は企業の存続、成長のために必要な人を求め、必要でない人には退場をしていただくしかないというのが本音です。終身雇用を信じ、退職金をあてにして、会社に頼って、ぶら下がりで働く人があふれてしまっては、会社は変化に対応できなくなってしまいます。まさに存続の危機です。

 今の時代、会社は、会社に依存するのではなく、自ら成長し、進化し続けて貢献できる人を求めています。会社にとって必要な人であり続けられるか? エンプロイヤビリティ(雇用される能力)が重要視されています。自分の人生を大切にしながらも、仕事に対して真剣に向き合い、成長しながら働き続ける人が求められています。

 こうしたことを、今の20~30代は当たり前だと感じています。バブル体験話などおとぎ話としか思えない彼らは、学生時代にキャリア教育も受けており、「生涯1社」が困難であることは先刻承知。また厳しい就職戦線を突破してきている人は、悲観的とはいいませんが、社会情勢に敏感で、企業の未来をシビアな目で見ています。

 今この瞬間の楽しみにお金を使ってしまうことはせず、貯蓄に励みます。車、外食、装飾品などへの物欲は少なく、そのような物にお金を使うことを無駄だと考えている人も多いのが特徴です。ローンを組んで物を買うというような発想はまずしません。今の時代がまさに彼らの人生観を作っています。だからこそ、彼らは今の時代を生き抜けていくことができます。