45歳の男性管理職の方が、休み時間に私のところにやってきました。

 「僕は、入社の時、20代、30代は確かにキャリアビジョンがありました。この会社で、やってみたいこと、夢、いろいろあったんです。でも、やりたいことができないのが仕事なんだと会社、上司から言われ続け、与えられた役割をただひたすら頑張る働き方を求められていたから、そのキャリアビジョンがある時にパッと消えてしまったんですよ。そして、描いていたことすら忘れていた。今日の講演を聴きながら、若い頃の夢を思い出しました。僕は、もう一度あんな気持ちで夢を描けるんだろうか……」

 昭和の企業戦士や兵隊たちも、実は最初から兵隊になるつもりで入社はしていなかったのです。夢や希望に胸膨らませて今年も入社してくる新入社員と同じような気持ちだったのです。そして、20代は、働くことでいろいろな経験をし、自分の成長に喜びを感じていたはずです。それが、昭和の軍隊型の組織風土のなかで働くうちに、その気持ちが消えていってしまったのです。この気持ちを取り戻せるかどうか? 取り戻せたら、キャリアビジョンが描けるはずです!

 「働き方改革」は、働く人の意識の原点を大切にしなければ、うまくいかないでしょう。企業戦士が減っても、ただの兵士が増えているのなら、効率アップをする時間短縮の働き方改善しかできません。質の高い仕事、付加価値を上げていくような仕事をしていくためには、それぞれがキャリアビジョンを持ち、それを意識し、それと重ね合わせながら目の前の仕事に取り組む必要があります。

植田寿乃氏のセミナー
-----------------------------
2018/5/28東京 『企業力を高める中高年社員の活性化』
2018/6/26東京 『50歳からの幸せなキャリア』
2018/7/5・6大阪 『モチベーション・リーダーシップコース』

植田 寿乃(うえだ・ひさの) キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント
植田 寿乃

 キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント。IT業界の人材育成を目的に有限会社キューを設立。その後、人材開発業界に転身。「モチベーション・リーダーシップ」「経営陣、管理職の人間力アップ」「女性と組織の活性化」「メンター育成」に取り組み、各種オリジナルカリキュラムを開発し、研修・講演を実施。著書に『「女性を活かす」会社の法則』『キャリアセレブになる36の秘訣』『30歳からの幸せなキャリアの見つけ方』など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。