絵を見せ合いながらの共有でも、ちょっと残念な発言が飛び交っていました。30代の男性管理職、まさにこれから会社を背負っていく人たちは、仕事でもプライベートでも両方で充実感を持ちながら、イキイキ輝いてほしいと思います。

企業戦士を辞めて、ゆるく働く兵士へ変身

 「キャリアビジョン、そんなもの考えたことないですよ。今更、描けって言われたって、もうすぐ50だし、描いたことないから無理ですよ。会社に言われた役割をひたすら果たして働くことしかしてきていないし。だいたい仕事での自己実現なんて無理でしょう。だから、仕事のことは深く考えないし、悩まないようにしています。そして趣味を中心に生きることにしたので、人生が楽しくなりました」

 「今まで、まさに昭和の企業戦士として会社のために頑張ってきたんですけどね、残業するなってパソコンのログのチェックまで入るようになってきて困りましたよ。今までのようには働くなって言われているわけですよね。そのくせ、『残業せずに成果を出せ』、『付加価値上げろ』とか無理ばかり言われてもね。だから、もう頑張らないことにしましたよ。ここらで楽な生き方、会社に言われた最低限だけやって、ゆるーく、長~く働いていこうかと思っています。会社に何も期待せず、このまま定年、雇用延長で働いていくつもりです」

 こちらは40~50代の管理職を対象にした「働き方改革&ダイバーシティ推進」の講演で、受講していたアラフィフ男性管理職たちの共有の時に聞こえた声です。実は私が最近登壇することが多くなった「働き方改革」に関する講演で、40代後半から50代の男性管理職でひんぱんに見るようになりました。

 「働き方改革」が言われた当初は、「定時に帰っていたら仕事なんてできない!」と強めの反発をしていた企業戦士たちが、消極的なネガティブ反応に変わってきた変化を表しています。

 長時間労働で成果を出すことが素晴らしい企業戦士と会社から言われ、何十年も働いてきたのに全否定されてしまい、もはや会社に居残ることもままならないなか、一気に気持ちがなえてきてしまったようです。しかし、それは、「働き方改革」を理解し意識が変わったのではなく、戸惑いやる気をなくしているだけです。企業戦士を辞めたけれど、働く意識は相変わらず昭和時代のまま、ただの兵士、しかもちょっとぶら下がり気味の兵士になってしまったようです。

キャリアビジョンが消えた日

 私はどの世代の講演でも、「イキイキ働くためには、会社から求められる役割や責任をしっかり認識することと同じくらいに、自分のキャリアビジョンをしっかり持つことが重要で、その2つが重なるように働けた時、仕事における大きな充実感を持つができる」という話をします。まさに、積極的に仕事に取り組み、付加価値の高い結果をどんどん出していけるようになります。だからこそ、キャリアビジョンが重要なのですが、30代のイクメン世代にしても、40代・50代の企業戦士世代も、それがしっかり描けていないようです。

モチベーション高く、質の高い仕事をするためには