私自身、実は40歳の時からライフコーチを付けています。月に1回1時間、電話でコーチングを受けています。「ライフ」つまり、私のキャリア、人生全般について、キャリアの節目の悩みや不安を話すこともあれば、1年の振り返り、そして1年の目標を話すこともあります。このように定期的に人生と向き合う習慣で17年が過ぎました。

 その間に私は公私ともに多くの人生の節目をくぐってきています。仕事、プライベートに起きる、つらいこと、悲しいこと、うれしいこと、予期せぬことを、逃げることなく受け止め向き合えたり、人生の上での大きな決断や判断を後悔することなくできたりしたのは、コーチングのおかげも大きかったと感じます。

 「自立」「キャリアビジョン」という言葉が重要だといわれて長いですが、私は自立して人生、自分のキャリアビジョンを描いて生きていくためには、いろいろな気づきのきっかけや、支援が重要だと思います。年があらたまった1月には、すべての人が自分の人生と向き合い、3年後の未来を見据えた今年のキャリアビジョンを描いてほしいと思います。そして描くだけでなく、それを周りの人と共有してほしいと思います。言葉に出して宣言しあえば、そのキャリアビジョンの実現に本気になれるはずです。

 そして、そういう機会を企業が社員に提供することができたら、社員全員の人生、キャリアが輝いていくことは間違いありません。

植田寿乃氏のセミナー
-----------------------------
2018/2/14東京 残業削減、生産性向上の実践者から『働き方改革』を学ぶ!
2018/2/15・16東京 女性リーダー・エンカレッジ(応援)研修 2018/6/26東京 50歳からの幸せなキャリア

植田 寿乃(うえだ・ひさの) キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント
植田 寿乃

 IT業界の人材育成を目的に有限会社キューを設立。その後、人材開発業界に転身。「モチベーション・リーダーシップ」「経営陣、管理職の人間力アップ」「女性と組織の活性化」「メンター育成」に取り組み、各種オリジナルカリキュラムを開発し、研修・講演を実施。著書に『「女性を活かす」会社の法則』『キャリアセレブになる36の秘訣』『30歳からの幸せなキャリアの見つけ方』など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。