プログラム概要

▼達成目標:プロジェクト実行段階での以下の領域の問題解決力を、受講者個別の状況を踏まえ組織の支援を得て強化する

●プロジェクトキックオフ
●リスクマネジメント
●進捗管理とレビュー
●変更要求のコントロール
●リーダーシップを打ち出す
●チームパフォーマンスを引き出す
●プロジェクトの終結

▼対象者の人材像

●組織的に重要かつ不確実性が高いアプリケーション開発、インフラ開発を
 統率する立場にある方、またその候補者
●開発チームとの連携で運用保守に関わるリーダーあるいは候補者で、
 特にリスクマネジメントの重要性が高い方
●プロジェクトマネジメント品質向上、標準化、定着化を組織的に推進する
 チームリーダーあるいは候補者の方
●プロジェクトマネジャー、プロジェクトリーダーあるいはその候補者で、
 研修による問題解決スキルの強化を図りたい方
●問題解決のスキルを高め、現場でのリーダーシップと部下育成、
 指導を期待されている方

▼実行シナリオ

 受講者は集合研修で基本的な知識を習得し、スキルをアップした後、1 on 1にて個別の実務適用状況を振り返り、講師からのフィードバックを踏まえ、支援者(育成に関わる管理職)とともに次へのToDoを“その場で”決定します。中間セッション、最終セッションの場で教訓、気づきを共有し、伸び幅評価をもとに成果を確認します。

実行シナリオ
実行シナリオ
[画像のクリックで拡大表示]
プロジェクト問題解決力強化プログラムでの学習のポイント
プロジェクト問題解決力強化プログラムでの学習のポイント
プロジェクト問題解決力強化プログラムでの学習のポイント
[画像のクリックで拡大表示]
●学習に際しては特に、実務適用上のポイントに焦点を合わせます。
●理解度チェック、相互チェックなど動きを持たせた集合研修を行います。
 理解したことを1 on 1で確認します。