以下に同社が実施している「プロジェクト問題解決力強化プログラム」の概要を示す。これは研修の主管部署が受講者を募る際に用いた同研修の紹介資料を、許可を得て引用するものである。

<プロジェクト問題解決力強化プログラム>

徹底した個別の実務サポートによる、
成果に直結するプロジェクト環境での問題解決力の錬磨


 プロジェクトの成否は周到な計画を前提とすることはもちろんですが、その計画を持ってしても、プロジェクトキックオフ後の実行段階では様々な問題が発生し、その対処の仕方によって結果が変わります。その意味でPMの問題解決力を向上させなければならないことは論を待ちません。

 このプログラムにおいてはプロジェクトの実行段階における問題解決力の強化に焦点を当て、実行段階で陥りやすい問題を紹介し、その問題を回避する方法と、発生した場合の対応の仕方について集合研修と個別の実務支援、そして最終的には受講者間での学びと気づきの共有による部門での学びの横展開を目指します。

 研修の成果は集合研修と組織を巻き込んでの個別サポート(=1 on 1 ワンオンワン)を融合した、徹底した実務強化本位の構成からもたらされます。

昨年の受講者の声:
●このプログラムを受講して、プロジェクトの実行段階で直面する問題への事前と事後の対応力が強化された。変更管理プロセスを顧客に提案し、その後、変更要求に対する顧客の認識が高まり、安易な変更要求が出なくなってきている。

●このプログラムを受講してリスク管理に対する自分の認識と行動に大きな変化を実感し、現実の成果につながった。これまでは頭の中で何となく“やっていた”つもりだが。リスク管理シートに書き出し、定期的に1 on 1でレビューを行うことで、対応策を実施するタイミングや人の巻き込みの効果を実感することができた。受講後はメンバーを巻き込んでのリスクの洗い出しを実践している。その甲斐があってリスク管理の取り組みを顧客に提案し、マネジメント・フィーを提示し、採用に至った。

●チームメンバーのパフォーマンスを上げるために、リーダーである自分がどのように変わらなくてはならないか、また、どのようにメンバーに働きかけるのが良いのかが、個別の1 on 1を通じて理解できた。その意味で大変実践的な研修である。

支援者の声:
●座学で学ぶだけでなく、実地への対応力が身につくよう企画された研修なので、ぜひ受講を勧めたい。

●受講者のリスクへの対応力が強化され、メンバーからも業務に取り組む姿勢が変わったと高い評価を受けている。

●他の受講者、支援者からも実務についてのフィードバックを受けることができ、学びの部門内での横展開に大変役立っている。