一方の企業側はどうでしょうか。今年6月末から7月上旬にかけて実施した企業調査では、調査時点での採用活動終了率は約3割にとどまりました。ただし、継続企業に終了予定時期を尋ねたところ、7月が23.3%で最も多く、8月までを足し合わせると4割強に上ります(42.8%)。夏採用をもって、2018年卒採用を終了した企業も多かったようです。「2018年卒採用では充足できそうもないため、翌年度のためのインターンシップや早期広報に力を入れたい」という企業も。

 秋以降も採用活動を継続する企業も、秋採用や内定者のフォローをしながら、インターンシップ、そして2019年卒に向けた活動に軸足を動かしつつあるようです。

2018年卒採用選考の終了予定時期
2018年卒採用選考の終了予定時期
[画像のクリックで拡大表示]

インターンシップ実施予定は増加見込み

 ここでは、企業調査よりインターンシップについてのデータをご紹介します。

 今年度(2017年4月~2018年3月)のインターンシップ実施予定を尋ねてみました。7月上旬の時点で「未定」が2割あるものの、6割以上の企業(64.1%)が「実施する」と回答、「実施しない」(14.9%)の4倍以上に上りました。

 昨年度の実施有無別に見てみると、昨年度実施した企業のうち9割以上は今年度も引き続き実施予定で(92.5%)、実施をとりやめる企業はわずか1.2%にとどまりました。昨年度インターンを実施しなかった企業においても、約2割はすでに今年度の実施を決めており、昨年度より実施企業が増えることは間違いありません。

2017年度インターンシップ実施予定
2017年度インターンシップ実施予定
[画像のクリックで拡大表示]