松本 あゆみ
株式会社ディスコ キャリタスリサーチ 研究員

2017年6月1日現在の内定率は6割超(63.4%)

 2018年卒業予定者の採用面接が2017年6月1日に正式に解禁されました。採用業務に携わる方々は、多忙を極めていらっしゃることでしょう。

 ディスコでは、キャリタス就活会員の学生モニターに、就職活動状況についての調査を毎月実施しています。6月1日の活動状況について調査を行ったところ、選考解禁直後にもかかわらず、内定率は6割を超える高水準をマークしました(63.4%)。先月調査(5月1日現在)では37.5%だったので、1カ月で25.9ポイント増と、大きく上昇しました。これは前年同時期(54.9%)を8.5ポイント上回る数字であり、前年よりも企業が内定出しを早めている様子がうかがえます。

 63.4%というのは、5年前の2013年卒者の6月の内定率(62.3%)と同水準ですが、当時の選考解禁は今より2カ月早い4月1日だったことを考えると、いかに今年の内定出しが早いのかが分かります。深刻な人手不足を背景に、優秀な人材の確保に危機感を募らせた結果と考えられます。

 なお、内定取得学生のうち就職先を決めて就職活動を終了したのは40.2%。前年同期(30.7%)を10ポイント近く上回り、就職先決定のタイミングも早まっています。ただし、内定者のうち過半数(54.6%)は就職活動を継続していると回答しています。

6月1日現在の内定の状況
[画像のクリックで拡大表示]
内定率の推移
[画像のクリックで拡大表示]

 モニター学生全体を分母にとると、就職活動終了者は、「就職先決定」(25.5%)と「就職先未決定(複数内定保留など)」(3.3%)を合わせて28.8%。4人に1人が早くも就職活動を終えている計算になります。

 一方で、活動継続者は「内定あり」(34.6%)、「内定なし」(36.6%)を合わせて7割を超えます(71.2%)。内定の有無にかかわらず、多くの学生にとって6月が大きなヤマ場であることは間違いありません。「志望度の高い企業はどこも6月以降に面接を開始するので、これからが本番」という学生や「5月に1社内定をもらった。入社してもよいと思える企業だが、他社も選考が進んでいるので、最後まで受けきりたい」という学生も。内定を持ちながら就活を続けている学生(34.6%)は、状況次第では保有している内定を辞退する可能性もあるため、早期に内定を出している企業にとっては、不安材料ともいえるでしょう。

「キャリタス就活」学生モニター全体の活動状況
[画像のクリックで拡大表示]