幸い、私の上司だった某医療用具メーカー社長は海外生活も長く、そのあたりの国際感覚はよくわかっている人だったから、営業部長の私をスルーして社長に直接交渉がいってしまっても、

「お前がしっかりしてないから、こっちに話が回って来るんだろ!」

なんて見当はずれなことを言うこともなく、粛々とそれに対応し、男性社長のやるべき仕事をしていた。
女性を営業部長にした時点で、覚悟していた展開なのだ。

いいとか、悪いとかではなく、こういう差別や固定観念、文化があることは事実だ。 大切なのは、それを考慮しながらいかに行動するかということ。

女性には女性の“武器”があって、女性なりのやり方がある。

もっと言えば、男性か女性かに関わらず、それぞれ個別の能力やそれを活かした役割がある。

“ニコっと笑って、プリーズ”が通用するのも、メキシコ人の中にスッと入り込めてしまうのも、言いたいことが言えるのも、間違いなく私の“武器”だ。

“笑顔”の素敵な女性ワーカーたちと。これが女性の“武器”
井ノ上 美和(いのうえ・みわ) BPIA(ビジネスプラットフォーム革新協議会) ナビゲーター、ジョーシス 顧問
井ノ上 美和

メキシコ、スペイン在住歴6年のラテン系。
通信ベンチャー、医療用具メーカーなどの国際ビジネス業界で、オペレーション・営業のマネジメント、採用・社員教育、ISO/FDAの品質監査、広報、システム構築など、様々な業務に携わった経験を活かし、海外および国内企業で業務・組織改善、人財育成などのコンサルティングや研修を行う。
学習院大学、HAL東京などの教育機関や大手IT系企業を中心に、人生観や生き方をテーマにした講演会も展開。
スペイン語の通訳翻訳業では、ビジネス通訳のほか、フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」などメディア出演も。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。