メールバラまき事件で女性統括マネージャーが窮地に

取りあえず“任された”私は、生産ラインの統括マネージャーと交渉して、“権限”を手に入れ、品質改善に取り組むべく、デイリーレポートを提出することにした。

デイリーレポートより。パレットの積み方が雑。

一応、その旨を西海岸カーゴ社の社長にも報告すると、社長は

「そのレポート、俺も見たいから、こっちにもメールしてくれる?」

と言ってきた。

私は統括マネージャーに送った当日のレポートを社長にもメールで送った。

デイリーレポートより。異なる商品が、同じパレットに積まれている。

ところが…。

翌朝、私が工場に到着するとすぐ、統括マネージャーから彼女のオフィスに呼び出された。
統括マネージャーの表情はとても険しく、オフィスの空気は重かった。

「Miwa、あのデイリーレポートなんだけど。
西海岸カーゴ社の社長にも送ったの?」

とてもじゃないが「うん!送ったよ〜!」なんて笑顔で答えられるような雰囲気ではなかった。けれど、送ったことは確かだ。
何かいけないことをしてしまったのかと、私は頭を高速回転させながら、ゆっくり答えた。

「うん、送ってほしいって言われたから、送ったけど。
一応、私の雇い主は社長だから、私がどんなことをしているのかは報告しないといけないし…。

何かあったの?」