(株)ビズリーチ

 第4回では「『面談』と『面接』の使い分け」についてご紹介しました。今回は、「面接における4つの役割」についてご説明いたします。候補者の動機形成や選考辞退の抑制に効果がありますので、ぜひ参考にしてください。

面接官が意識すべき4つの役割

 人事担当として、できれば避けたいのが候補者の選考辞退です。一度は自社に興味を持ってくれた候補者が、辞退を選択してしまう内部要因として考えられるのが、「面接」です。そこで今回は、候補者と接する面接官の役割についてお伝えします。

 面接官には4つの役割があることをご存じでしょうか? ここでは、「フォロワー」「モチベーター」「インパクター」「クローザー」という名称でご紹介します。この4つの役割を一人もしくは複数人が担うことで、採用成功につなげます。

①フォロワー
 候補者に寄り添いながら、不安や疑問を一つひとつ親身になって解決していく役割です。採用プロセスの始まりから終わりまで、候補者にとって「1対多(候補者 対 自社)」ではなく、「2対多(候補者+フォロワー 対 自社)」になるよう、一貫して候補者の味方に徹します。フォロワーの役割が適しているのは、窓口となる人事担当、もしくは現場のメンバーやマネージャーです。候補者が社内の人に「会いたい」と思うように話をしたり、候補者の本音を聞き出しつつ、それを他の面接官と共有し、候補者に合った選考フローを組み立てたりします。

②モチベーター
 入社意欲を高め、志望動機をつくる役割で、基本的に最初の面接を行う存在です。モチベーターは、自身が入社した経緯や自社の魅力を伝えるだけでなく、候補者がどのような将来像を描いているのかを聞いたうえで、「この会社で◯◯を実現したい!」と思ってもらえるよう、挑戦したい気持ちや志望動機を形成します。対応のタイミングやスピード感などに気を配り、意図的に縁を演出することもあります。適しているのは、人事担当や現場マネージャーです。

③インパクター
 インパクト(=気づき)を与え、自社を印象づける役割です。インパクトとは、候補者がまだ知らない、自社に関する新たな視点を与え、「この人と一緒に働きたい」と思わせるような強い動機づけを行うこと。そのため、インパクターは社内で最も活躍している人や優秀な人に担ってもらうと効果的で、現場のトッププレーヤーや部長・役員クラスが適任です。動機づけだけでなく、自社で働く覚悟も問い、最終面接者へとつなげます。

④クローザー
 営業におけるクロージングと同様に、候補者に入社を決断させる役割で、社長や役員が担います。優秀な候補者であっても、迷いが消えないまま入社してしまうと、その優秀さを存分に発揮できません。入社後の活躍のために重要なのは、覚悟を持って決断した上で入社しているかどうか。その決断を迫り、内定承諾、入社へと導きます。

人事向け採用ノウハウ等 冊子無料ダウンロード
先行企業が明かす採用成功ノウハウ
ビズリーチの独自調査に基づいた人事向け採用ノウハウの冊子「先行企業が明かす採用成功ノウハウ」を無料でダウンロードできます。