(株)ビズリーチ

 前回は、ダイレクト・リクルーティングの具体的な手法として「母集団形成」についてご紹介しました。今回は、「『面談』と『面接』の使い分け」についてご説明いたします。

「面談」と「面接」の使い分け

 質の高い候補者をより多く集めるためには、今すぐ転職しようと考えていない人も含め、採用したいと思う人材に企業から積極的に声をかける必要(ダイレクト・リクルーティング)があります。ここで注意していただきたいのは、企業から声をかけられた候補者の中には転職潜在層も含まれるため、応募や紹介と違って転職意向や志望動機がない、もしくは低いということです。そのため、企業は転職意向を引き上げて魅力を伝える必要があります。そこで有効となる手段が「面談」です。

「面談」と「面接」の違いとは?
面談 企業と候補者が対等な関係で、お互いの理解を深める場。企業は、気になる候補者に自社の魅力をアピールし、選考ステップに進んでもらうことを目指す。
面接 応募者の見極めを行う場。応募者にとっては、企業に自分自身を理解してもらい、職務に対する意欲をアピールする。

 自社の魅力を知らない候補者をいきなり面接に誘っても、候補者が興味を持っていなければまず来てもらえませんし、たとえ面接を行えたとしても、途中で辞退されることも少なくありません。その点、選考ではない「面談」の誘いなら、「気にしていなかった会社だけれど、まずは一度話を聞いてみよう」と前向きな気持ちで来てくれる可能性があります。

 知名度が低い会社でも、候補者と会うことさえできれば、自社の魅力を直に伝えて転職の意欲を高められる可能性があります。また、面談で会うことにより、メールやレジュメなどの書面だけではわからない候補者の人柄を知ることができます。このように、「面接」の前に「面談」を取り入れることで、優秀な候補者の転職意欲を引き出し、母集団の質を高められるのです。

 では、具体的にどのような「面談」が効果的なのでしょうか。「面談」を行ううえで、もっとも重要なのが、面談担当者の割り当てです。

人事向け採用ノウハウ等 冊子無料ダウンロード
先行企業が明かす採用成功ノウハウ
ビズリーチの独自調査に基づいた人事向け採用ノウハウの冊子「先行企業が明かす採用成功ノウハウ」を無料でダウンロードできます。