ロールモデルを見いだす

 自分が憧れる、お手本にできる先輩が身近にいるという社会人の方が少ないのではないでしょうか。会社が理想だと考える働き方をしている社員をロールモデルとして紹介することで、「押し付けられている」「私とこの人は違うんだ」といったような反発が起きるということもよく聞かれます。とはいえ、ゆるく働いてお給料をたくさんもらいたいというような社員ばかりになれば、当然会社はつぶれます。

 トップも含めた上役には、「社員一人ひとりが必要だ。期待している」というメッセージを発してもらい、マネジャーには自分たちの仕事の意義を語ってもらい、そのうえで会社として活躍してもらっているロールモデルになりうる社員を、押し付けるのではなく、複数パターン見せるという動きをしなければ、スムーズに受け入れてもらうことは難しくなっています。

 「働き方改革」が「ゆるくダラダラ働いて、お給料をもらえる」と勘違いされないために、これらの仕組みを早急に構築し、個々人の能力を最大化させ、働きがいを持ち、生産性高く働けるという真の働き方改革実現のために、コミュニケーションの重要性にぜひ着目していただきたいものです。

ヒューマンキャピタル 2017
2017年 6月28日(水)~30日(金)
東京国際フォーラム(東京・有楽町)
主催:日本経済新聞社、日経BP社

2017年 6月30日(金)14:20~15:00
離職率4割減!社内SNSで実現する優秀人財の定着~3つの成功事例~
EDGE 代表取締役社長/チーフエヴァンジェリスト 佐原 資寛 氏

本セミナーの受講はこちらから
佐原 資寛(さはら もとひろ) EDGE株式会社 代表取締役社長 チーフエヴァンジェリスト
佐原 資寛

2008年横浜国立大学工学部在学中より、社内SNS「エアリー」事業へ参画し、エアリーダイバーシティの立ち上げに従事。その後、パートナー担当マネージャーを経て2014年より事業部長を務める。国内最大のテーマパークをはじめ、社内SNSを活用した従業員満足度向上をコンサルティング。新卒採用、新人育成、研修フォロー、従業員満足度向上、離職率低減、女性活躍推進など、各人事課題に対するソリューションとしての社内SNSの支援実績は累計100社を超える。2017年4月よりEDGE株式会社にて代表取締役社長を務める。

●EDGE株式会社 オフィシャルサイト
http://www.edge-inc.co.jp/
●女性活躍推進のためのSNS「エアリーダイバーシティ」
https://diversity.airy.net/
●従業員満足度が劇的に向上する社内SNS「エアリー」
https://airy.net/
●内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」
https://fresher.jp/

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。