長く働き、キャリアアップを目指す障壁と孤独

 育休からの復職率は100%近い企業であっても、長く働き続けてキャリアアップを目指すという社員は思ったように増えていないのではないでしょうか。

 こういった事態への打開策として、復職時のセミナーを実施する企業がありますが、10年以上前に復職した方が登壇され、壮絶な両立体験談を語ったがゆえに参加者が引いてしまったという話を耳にしたことがあります。

 本来、ロールモデルは本人のライフキャリアのイメージと近い方でなければならず、自身の現状と全く違う状況で復帰された方や会社都合で特定の思考を持った方だけをロールモデル候補として紹介すると、不安解消どころか会社への不信感が高まります。職種や思考の違いなども考慮し、納得感を持ってロールモデルを探してもらえるような環境を作ることが求められています。

 特に同一職種で参考にできる先輩が近くにいないケースなどは、SNSなどを使ってコミュニケーションを取ることも有効です。先進企業では様々なバリエーションのロールモデル候補をSNSで紹介し、記事を配信するなど、直接相談できる環境を整え、押し付けではない真のロールモデルを探せる環境を作っています。

働き方改革と女性活躍推進の共通点

 いずれも法律対応や政策主導でスタートし、個々人の価値観や事情に大きく左右され、現場での運用が肝になることが共通点です。先行してスタートした女性活躍推進の土台を作れている企業とそうでない企業では働き方改革の定着スピードも大きく違ってくることが予想されます。今一度、自社の現場での課題に目を向けて施策を考えてみてはいかがでしょうか。

関連セミナー
「女性活躍推進法施行1年、多様な人財を活かす組織とは」
【日時】2017年 5月26日(金)14:30~17:00
【会場】EDGE株式会社 本社 セミナールーム(永田町駅徒歩2分)

ヒューマンキャピタル 2017
2017年 6月28日(水)~30日(金)
東京国際フォーラム(東京・有楽町)
主催:日本経済新聞社、日経BP社

2017年 6月30日(金)14:20~15:00
離職率4割減!社内SNSで実現する優秀人財の定着~3つの成功事例~
EDGE 代表取締役社長/チーフエヴァンジェリスト 佐原 資寛 氏

本セミナーの受講はこちらから
佐原 資寛(さはら もとひろ) EDGE株式会社 代表取締役社長 チーフエヴァンジェリスト
佐原 資寛

2008年横浜国立大学工学部在学中より、社内SNS「エアリー」事業へ参画し、エアリーダイバーシティの立ち上げに従事。その後、パートナー担当マネージャーを経て2014年より事業部長を務める。国内最大のテーマパークをはじめ、社内SNSを活用した従業員満足度向上をコンサルティング。新卒採用、新人育成、研修フォロー、従業員満足度向上、離職率低減、女性活躍推進など、各人事課題に対するソリューションとしての社内SNSの支援実績は累計100社を超える。2017年4月よりEDGE株式会社にて代表取締役社長を務める。

●EDGE株式会社 オフィシャルサイト
http://www.edge-inc.co.jp/
●女性活躍推進のためのSNS「エアリーダイバーシティ」
https://diversity.airy.net/
●従業員満足度が劇的に向上する社内SNS「エアリー」
https://airy.net/
●内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」
https://fresher.jp/

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。