佐原 資寛
EDGE株式会社 代表取締役社長 チーフエヴァンジェリスト

動機づけ要因にはならない「働き方改革」

 連日メディアを賑わし、3月28日に実行計画がとりまとめられた「働き方改革」ですが、長時間労働の見直しや正規・非正規間の格差是正が目玉となり、他の項目を見ても大方「衛生要因」としての労働環境改善の色が濃い内容となった印象を持ちます。

 現場の人事部門担当者からは、「“働き方改革”がマジックワード化して、取り組まなければならない雰囲気は内外に圧倒的にあるが、具体的に何にどう手をつけてよいのか頭の痛い問題だ」という声も聞かれ、今後どのようにこの計画が現場に浸透し、施策に移されていくのか推移を見守りたいと思います。

 しかし、ここで気をつけなければいけないのは、単純に労働時間の削減だけを推し進め、職場のコミュニケーションや動機づけ要因までそいでしまわないことです。 あくまで労働環境の見直しや処遇の改善は、それだけでは衛生要因でしかないことを念頭において対応しなければなりません。

 人間の欲求を段階的に示したマズローの5大欲求をもとに考えると、あくまで今回の働き方改革における実行計画で示されたのは、「過労死を防止し、継続的に働ける労働環境の整備」や「同一労働、同一賃金を推し進め、正規・非正規間の不合理な賃金格差をなくす」また、「副業や兼業、テレワークの実現による働き方の自由度の向上」といった内容であり、継続的に、健康的に、納得感を持って就業ができることを担保するもので、マズローの5大欲求でいうと「生理的欲求」や「安全の欲求」を満たすことにほかなりません。