新人事部の課題とは?

吉田:そろそろ時間がまいりました。最後に、これから人材育成に取り組む意気込みなどをお聞かせいただいて、締めくくりとさせていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

米川:会社ができて10年経って、エネルギー業界の事業環境は必ずしも楽観視できるものではありません。しかしながら、市況や為替、競争相手など、今の環境は会社ができた10年前とさほど変わりはありません。でも、10年前、我々が会社をつくった頃は、世界一の会社をつくるぞ、いい人材を集めていくぞという、どこにも保証や確証はなかったんですが、そんな意気込みでやっていました。

当時は、20代の若手不在の会社であり、30代、40代、50代の仲間で会社を立ち上げて、その中核にいた50代の先輩たちが20代の若手社員にちょうど10年間で置き換わった。若手が増えて、本来ならば活力がみなぎっている会社であってほしいし、そうあるべきなのでしょうけど、事業環境が追い風から一気に原油安となり、事業収益も停滞気味なので、何となくモチベーションが揺らぎはじめている状態です。

しかし、10年前と何が違うかといえば、何も変わっていない。むしろ若手が増えて、チャレンジしなければいけない課題が10年前よりさらにたくさん出てきています。怖いもの知らずといったら語弊がありますが、いろんな新しいことにチャレンジしたいという、フットワークのいい若手たちが、次々にこれまで触れたことのない新しい課題や新しい市場、新しいお客さま、こういうものに積極果敢にチャレンジする会社、組織にしていきたいですよね。

そのような環境に臆せず飛び込んでくる新人を採用して、育成して、挑戦意欲が高く、若くても業界をリードしていくような社員を生み出す、そういう社員が集まる組織にいかにしていくかいうことが、新人事部の課題だと思っています。

吉田:ぜひそういった課題にこれからも取り組んでいってください。

米川:スピード感を持ってやっていきたいですね。

吉田:微力ながら我々もそのお手伝いを、これからも継続的にさせていただきたいと思いますので、今後ともぜひよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

米川:ありがとうございました。

吉田 寿(よしだ・ひさし) ビジネスコーチ株式会社
常務取締役チーフHRビジネスオフィサー
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ
吉田 寿

1959年生まれ。
早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。
富士通人事部門、三菱UFJリサーチ&コンサルティング・プリンシパルを経て、2015年1月より現職。
“人”を基軸とした企業変革の視点から、人材マネジメント・システムの再構築や人事制度の抜本的改革などの組織人事戦略コンサルティングを、中小企業から大企業までグループかつグローバルに展開している。
中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。早稲田大学トランスナショナルHRM研究所招聘研究員。

主な著書として、『世界で闘うためのグローバル人材マネジメント入門』(日本実業出版社)、『リーダーの器は「人間力」で決まる』(ダイヤモンド社)、『企業再編におけるグループ人材マネジメント』(共著、中央経済社)、『ミドルを覚醒させる人材マネジメント』、『人事制度改革の戦略と実際』、『人を活かす組織が勝つ』(以上、日本経済新聞出版社)、『社員満足の経営』、『仕事力を磨く言葉』(以上、経団連出版)、『人事超克』、『未来型人事システム』(以上、同友館)など。その他論文、新聞・雑誌への寄稿、講演多数。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。