Good Doctor NET AGING Web 宇治おうばく病院 うつ病~こころとからだ 話してみよう うつの痛み うつ病・認知症コンソーシアム 冊子バナー 特別協賛:シオノギ製薬 ココ朗くん

ストレスチェック制度を考える(7)

会社と関係機関をつなぐコーディネーターを配置し “顔の見える”関係性づくりを (2/3)

2016.06.29   メディカルケア虎ノ門 院長 五十嵐良雄 氏

認定産業医制度の中で
精神疾患を学ぶ機会を増やす

これからのうつ病診療には精神科医と産業医、プライマリーケア医の連携がますます重要になると指摘されています。こうした連携について、五十嵐先生はどのようにお考えですか。

五十嵐 産業医の中には、精神科医の知識やスキルを身につけようとしている先生たちもいるので、彼らと私たちが連携しつつ、一般の産業医の知識や経験を増やしていかなければならないと考えています。こうした動きは時間がかかりますが、やはり連携は重要です。

産業医やプライマリーケア医が精神医学を学ぶ機会はありますか。

五十嵐 私が属する港区医師会では産業医が多いため、普段から精神科医を招いたセミナーなどが行われています。そうした講演会やセミナーへの産業医の参加は多く、精神科的な問題に興味を持っている先生が増えていると感じます。とはいえ、産業医が主導して学ぶ機会を設け、私たちを呼ぶという動きはまだあまり出てきません。

また、一つの方法として、認定産業医制度の活用があります。産業医は5年ごとの更新の際に産業医学生涯研修を受けますが、そこで精神疾患を学ぶ時間をもっと増やすべきです。

職場における産業医の機能も変化してきていますね。

五十嵐 産業医の歴史を見ると戦前にまで遡ります。昔は職場での事故や劣悪な労働環境のための健康被害や感染症、特に結核が問題でした。

ところが時代が変わりオフィスという労働環境では、環境より対人関係上でのストレスが問題となってきました。工場であっても、問題の多くは人間関係になってきています。こうした対人関係上のストレスが精神疾患につながっているのに、そこの視点がまだまだ弱いのです。加えて、ストレスに対する反応や耐性も個人によって様々です。その点に関してはほとんど手がついていません。