• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
21世紀医療フォーラム 良い医者、良い医療を創るプロジェクト
トップページ医療を変える「これからの心臓病医療を考える会」医療政策提言2017 記者発表 第1回

「これからの心臓病医療を考える会」医療政策提言2017 記者発表 第1回

2018.06.08 21世紀医療フォーラム取材班

『これからの心臓病医療を考える会 医療政策提言2017』
 協力:一般社団法人 日本循環器学会
 提言1:国民の心臓病に対する関心を高め、理解を促進する 
 提言2:新たな心臓病医療体制(地域連携、専門性連携)を構築する 
 提言3:『脳卒中・循環器病対策基本法』制定を実現する

5月25日(金)13:00〜14:00、東京・厚生労働記者会において、日本循環器学会協力のもと、「これからの心臓病医療を考える会」医療政策提言2017の記者発表が行われた。同会は、2015年8月から、循環器領域の各分野のリーダーを招聘し、この分野における課題とその解決策について討議を続けてきた。今回発表する医療政策提言は、2016年12月に取りまとめられた日本脳卒中学会、日本循環器学会および関連19学会による『脳卒中と循環器病克服5ヵ年計画』の主旨を踏まえ、特に循環器病領域(心臓病領域)における具体的な取り組みに言及したものである。

開催概要

○日 時 2018年5月25日(金)13:00~14:00
○会 場 厚生労働記者会(東京都千代田区霞ヶ関1-2-1 中央合同庁舎5号館 9F)

出席者

〇「これからの心臓病医療を考える会」
座長:神戸市民病院機構理事長 橋本信夫 氏
副座長:国立循環器病研究センター理事長 小川久雄 氏

〇各ワーキンググループ(WG)座長
WG1「患者本位の心臓病医療とは~Value Based Medicine」
座長:医療法人社団葵会 南八王子病院副院長 新 博次 氏

WG2: 「心臓病医療の地域における連携」 
座長:筑波大学医学医療系循環器内科学 教授 青沼和隆 氏

WG3:「心臓病医療の専門性からみる連携」
座長:東邦大学医療センター大橋病院循環器内科 教授 中村正人 氏

WG4:「心臓病予防と増加し続ける心不全に対する治療」 
座長:国立循環器病研究センター理事長 小川久雄 氏

〇一般社団法人 日本循環器学会
日本循環器学会代表理事 東京大学大学院医学系研究科循環器内科学 教授  小室一成 氏

日本循環器学会理事 奈良県立医科大学第一内科学教室 教授 
これからの心臓病医療を考える会委員 斎藤能彦 氏

プログラム

1.これからの心臓病医療を考える会とは:橋本信夫 氏
2.提言1:国民の心臓病に対する関心を高め、理解を促進する:新 博次 氏
3.心不全の予防とステージ:斎藤能彦 氏
4.提言2:新たな心臓病医療の体制(地域連携)を構築する:青沼和隆 氏
5.提言2:新たな心臓病医療の体制(専門性連携)を構築する:中村正人 氏
6.提言3:『脳卒中・循環器病対策基本法』制定を実現する: 小川久雄 氏
7.脳卒中・循環器病対策基本法案の国会提出について:小室一成 氏
8.質疑応答

これからの心臓病医療を考える会とは
神戸市民病院機構理事長 橋本信夫 氏

2015年8月に発足した「これからの心臓病医療を考える会」は、循環器領域各分野のリーダーである専門医に参加を要請し、この領域において、これまでにない横断的組織として、心臓病医療に関わる広範にわたるテーマについて討議してきました。また、現在の心臓病医療における課題を整理し、その解決策を議論して提言として取りまとめ、広く社会に情報発信することを目標として活動しています。

本会は、患者本位の医療、地域連携、専門性連携、心不全の予防と治療という、4つのテーマに基づいたワーキンググループを設置し、年間6回の会議を実施。これらの会議に加え、今回の医療政策提言策定を目標に、特別ワーキンググループによる集中討議を開催してきました。

本会が発足した2015年当時、私は国立循環器病研究センター理事長として、預かる立場にいました。同センターは、心臓と脳に特化した、あるいうは両者を併設した世界でも極めて稀なナショナルセンターであることから、「これからの心臓病医療を考える会」の座長をお引き受けするに至る十分な理由となりました。

今回発表する『これからの心臓病医療を考える会 医療政策提言2017』は、2016年12月に取りまとめられた日本脳卒中学会、日本循環器学会および関連19学会による『脳卒中と循環器病克服5ヵ年計画』の主旨を踏まえ、特に循環器病領域(心臓病領域)において、次の3つの柱を提示し、その具体的取り組みに言及し、医療政策提言として取りまとめたものです。

『これからの心臓病医療を考える会 医療政策提言2017』骨子
提言1:国民の心臓病に対する関心を高め、理解を促進する
提言2:新たな心臓病医療体制(地域連携、専門性連携)を構築する
提言3:『脳卒中・循環器病対策基本法』制定を実現する
医療を変える