• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
21世紀医療フォーラム 良い医者、良い医療を創るプロジェクト
トップページ医療を変える【シンポジウム開催告知】「若年勤労者の自殺を考える」シンポジウム 2018年2月14日(水)13:00〜17:00開催

【シンポジウム開催告知】「若年勤労者の自殺を考える」シンポジウム 2018年2月14日(水)13:00〜17:00開催

2018.02.05 21世紀医療フォーラム取材班

2017年度版の自殺対策白書によれば、2016年の自殺者数は2万1897人で、7年連続で減少し、22年ぶりに2万2千人を下回った。一方で、若年層の自殺と事故による死亡率を先進7カ国で比べると、自殺が事故を上回ったのは日本だけであり、同白書は、特に若い世代の自殺が深刻な状況にあると述べている。

また、WHO世界自殺レポートによれば、自殺予防の取り組みには、社会の多部門における調整と協力が必要であり、これらの取り組みは包括的かつ統合的でなければならないとしている。

こうした状況から、一般社団法人 日本うつ病センターでは、自殺予防対策に包括的な支援を行うために、一昨年、厚生労働省自殺予防対策事業により『ワンストップ支援における留意点―複雑・困難な背景を有する人々を支援するための手引き―』を作成。この手引きを基に、2018年2月14日(水)13: 00〜17: 00、東京・秋葉原コンベンションホールにおいて、シンポジウム「若年勤労者の自殺を考える-企業からの事例報告-」を開催する。

本シンポジウムは、一般社団法人 日本うつ病センターが主催、東京都が共催し、一般企業でメンタルヘルス対策を担う産業保健専門家、人事・労務担当者、管理職および社会保険労務士等の産業精神保健に携わる専門家、一般市民を対象に開かれる。各分野の第一線で活躍する専門家をシンポジストに迎え、東京都における若年者の自殺の現状と、その対策について討議する。

開催概要

○主 催 一般社団法人日本うつ病センター

○共 催 東京都

○後 援 認定NPO法人地域精神保健福祉機構・コンボ(Comhbo)

○日 時 平成30年2月14日 13:00-17:00 (開場12:30)

○会場 秋葉原コンベンションホール
   (東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル4F)

○参加費 2000円(要 事前申し込み)

○定 員 450名

■プログラム

13:00-14:00 「ハイリスク者支援のための手引き」
『ワンストップ支援における留意点』の活用方法について
大塚俊弘
一般社団法人日本うつ病センター 上級研究員
14:00-14:10休憩
14:10-14:50「労災事例から見た若年労働者の自殺予防」
田中克俊
北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学教授 一般社団法人 日本うつ病センター理事
14:50-15:30 「企業からの事例報告」
中川均
特定非営利活動法人 全国精神障害者就労支援事業所連合会(Vfoster)理事長
15:30-16:10 「職場環境の変化と自殺予防~労務管理の視点で」
長部ひろみ
ソーシャルサポートオフィス シトラス代表 東京都社会保険労務士会
16:10-16:30 休憩
16:30-17:00 「総合討論」 
座長:中村純
社会福祉法人北九州病院・北九州古賀病院 院長 産業医科大学名誉教授

■申し込み方法
必要事項を記入の上、メールまたはFAX・ハガキでお申し込みください。
○必要事項
氏名(ふりがな)・住所・所属(勤務先)・電話・FAX・メールアドレス

■申し込み先
○メール apply@jcptd.jp

○FAX(チラシの申込書に必要事項を記入の上、お送りください)
03-3239-0028

○ハガキ
〒102-0085 東京都千代田区六番町1-7 K-PLAZA2階
一般社団法人 日本うつ病センター

■申し込み期限
2018年2月7日(水)迄
※締切日以降はお問合せください

■参加費の支払い方法
下記サイト内からカード決済もしくは銀行振込を選択
※振込控は、当日必ず持参してください
https://www.jcptd.jp/store/

■お問合せ先
一般社団法人 日本うつ病センター
TEL.03-6256-8411(月~金12:00-17:00 土日祝祭日は休み)

●チラシのダウンロードはこちらから
ワンストップ支援における留意点―複雑・困難な背景を有する人々を支援するための手引き―

医療を変える