• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

高石 宏輔

人を組み替える

余計な一言

一見すると手を抜いているようでいて、かえってことをうまく運ぶことのできる技術。他人とのコミュンケーションにおけるそれを、カウンセラーの高石宏輔さんは「言いたくなった言葉を呑み込むこと」だと言います。自分の余計な一言に気づくためにできること、気づくことで変わるものについて、考えてみます。

人を組み替える

他人に安く見られる行動

価格交渉や条件交渉がいつも難航するとしたら、それはあなた自身が「安く見られているから」かもしれません。他人に安く見られてしまう行動とその正し方とは。カウンセラーの高石宏輔さんと、取ってしまいがちな行動を振り返りながら考えてみます。

人を組み替える

「嫌い」という感情の扱い方

他人のことを嫌ってしまうことは、誰にでもあるものです。では、その嫌いになってしまった相手が、取引先などビジネスの上で「嫌いになるとまずい」相手であったら……? 今回は「嫌い」という感情をどう扱えば良いのか、考えてみます。

人を組み替える

相手の気持ちを引き出す「目」の使い方

「目は口ほどにものを言う」と言われるように、会話において使うことができるのは、言葉ばかりではありません。「目」は会話における道具として、どのように使うことができるのでしょうか。

人を組み替える

会話で「意識の変化」を読むためのトレーニング

会話をする時には自分の意識を相手に向け、また相手の意識を読み取ることが大切だと説くカウンセラーの高石さん。今回は、会話において自分や相手の意識の変化を感じ取れるようになるための、実践的な訓練を学びます。

人を組み替える

「相手の意識」を読み取りながら話をする

人に何かを伝えようと話をする時、話す内容にばかり気を取られてはいないでしょうか。話をしながら、聞き手である相手の意識を読むことで、話の仕方はより良いものへと変えていくことができます。

人を組み替える

話を聞く時の「自分の意識」の使い方

「聞き上手」と言われる人は、どんな話の聞き方をしているのでしょうか。今回は話の聞き方を左右する「自分の意識」の使い方を学びます。

人を組み替える

体が変わる時を探しながら会話する

会話において、言葉の上では相手が同意しているようなことを言っていても、本当には同意していないことがあります。そうした状態では、相手に自発的な行動は望めません。相手が心から同意しているかどうかを知り、相手の本当の言葉を引き出すために使える技術とは。

人を組み替える

「相手の言葉」をいかに見つけ、使うか(実践編)

感情のこもった相手の言葉を引き出し、会話の際の「道具」として使うというカウンセラーの高石宏輔さん。前回に引き続き、今回はその方法を、より実践的に見ていきます。

人を組み替える

相手の言葉を拾って使う

一対一で会話をする時、使える道具のようなものはあるのでしょうか。カウンセラーの高石宏輔さんはそれを、こちらが発する特定のセリフなどではなく、「相手の言葉」であると言います。

人を組み替える

相手を引かせず、惹きつける ネガティブワードの使い方

その後、もう一度会うことを拒否されてしまった山田社長(仮名)。前回、その時のことを思い出していくうちに、「拒否」されてしまった理由が少し見えてきました。その日の山田社長は、女性の話を親身に聞こうとするあまり、自分から「攻める」ことがなかったと言います。

人を組み替える

いくところまでいったのに「もう一度会おう」と言ったら拒否された理由とは

「取引先にモテない」「異性にモテない」という社長の「モテ」に関する悩みを、路上ナンパ講習まで引き受けるカウンセラーの高石宏輔さんが引き出し、「モテ」へのヒントを与えるこの企画。東京都内で小規模なWeb制作会社を営む山田社長(仮名)から、異性関係の「モテ」に関する相談に答えます。

人を組み替える

自分の本音を知ることで、苦手な人とも話ができるようになる

一国一城の主たる社長といえど人の子です。悩みの一つや二つ、持っているもの。この企画では「取引先にモテない」「異性にモテない」など、社長のモテに関する悩みを、路上ナンパ講習まで引き受けるカウンセラーの高石宏輔さんが引き出し、「モテ」へのヒントを与えます。

プロフィール

高石 宏輔 (たかいし ひろすけ)

1980年生まれ。慶應義塾大学文学部仏文専攻中退。在学中よりカウンセリングのトレーニングを受け、セミナー講師を務める。スカウトマンを経てカウンセラーとして活動を開始。クライアントからの要望により、路上ナンパ講習も始める。著書に『あなたは、なぜ、つながれないのか──ラポールと身体知』(春秋社)、共著に『「絶望の時代」の希望の恋愛学』(中経出版)。