• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

時間を味方につける

2016.12.13

歳末の心得5カ条

長沖 竜二

小さな組織の未来ノート

意識改革 成長戦略 リーダー

日々一所懸命やっていると、期末や年末にはいろいろ歪みもたまってきて、体裁の悪いことになってしまいます。しかし、人に会う機会もことさら多いこの月、リーダー然としてかっこ良くありたいもの。

今回は、歳末12月の心得についての記事を集めました。

 

回収の精神5カ条

かけてしまった埋没費用と事業成功の可能性には何の因果関係も存在しない

「コンコルドの悲劇」に何を学ぶか?

モノ頼み、現地頼みでは回収は覚束ない

海外展開に失敗する企業、3つの特徴

B2Bの成功体験が、そのままB2Cにつながるとは考えない

「下請け根性」が商品開発の足を引っ張る

とにかく現金があれば安心できるので、アンバランスなほどの現金を手元に欲しがる、その精神を改める

会社がつぶれる初歩的な理由

元々お金に困って必要なものが買えずにいたのをお金を借りて買うわけですから、借りたお金で必要なものを買ってしまえば元の文無しに戻ります。それなら借りたものも返せないのがデフォルトで、返ってくればラッキーと思う方がむしろ理に適っています。

「ある時払いの催促無し」案外合理的なイスラーム式お金の貸し借り

 

年末をスタイリッシュにこなす5カ条

二日酔い防止に、あんこと干し柿

二日酔いで後悔しないために

忘年会では最初にたっぷり野菜を食べる

しんどくなってきた宴会をどう乗り切る?

鍋の〆はお茶で。雑炊は翌日

忘年会・新年会の定番、あったか鍋の“落とし穴”

忘年会でひと回り大きくなったお腹にはサスペンダーで対応

防寒&ちょい太り対策

今から用意!年賀スタンプ入り名刺はぞんざいに扱われる

年賀スタンプ入り名刺は、なぜぞんざいに扱われるのか?

併せて読みたい、編集部からのおすすめ記事
年末年始をビシッと決めたい社長に13の回答

年々、世の中全般に、バタバタしたまま年末を迎え歳を越すような情況が増えているように思われます。かつてそうであったように、年のあらたまりとともに心身を新たにするといった気持ちのよい年越しをできないものか。今回は、年末年始をキチンと過ごすための記事を集めてみました。

プロフィール

長沖 竜二 (ながおき りゅうじ)

1968年生まれ。石川県出身。『現代用語の基礎知識』編集長等を経て、「小さな組織の未来学」編集長。