トップ > 必読!トピックス > 「ノーベル賞」と日本の研究

受賞ラッシュはまだまだ続くか?

「ノーベル賞」と日本の研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックスの視点:
オートファジー ニュートリノ振動 イベルメクチン

3年連続の快挙だ! 2014年の赤崎勇氏と天野浩氏(物理学賞)、2015年の大村智氏(生理学・医学賞)、梶田隆章氏(物理学賞)に続き、2016年も日本人研究者の大隅良典氏がノーベル賞を受賞した(生理学・医学賞)。この勢いはまだまだ続くのか、過去の偉大な研究成果を使い果たして“ガス欠”に陥る危険などはないのか。

もっと見る

関連度は人工知能エンジンによる算出です。

関連キーワード(人工知能エンジンによる抽出です)