• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • TOP
  • >
  • トレンド
  • >
  • 「入居者協業型」シェアオフィスで急拡大を狙う

トレンド

「入居者協業型」シェアオフィスで急拡大を狙う

コンテンツ制作会社がパートナー探しを目的に新事業

2016年12月のオープニングイベント(写真提供:Zero-Ten)

 シェアオフィス運営において「入居者同士のマッチング」を戦略のひとつに掲げるケースが増えているが、スペースやきっかけを提供するだけでは、協業が成立しないのが実情だ。そんな中、運営会社が主導する協業で「マッチング確度の高さ」を上げているのが、福岡にある「The Company」だ。

自社のパートナー探しがきっかけ

榎本次郎 代表取締役社長(写真提供:Zero-Ten)

 運営するのはコンテンツ制作会社Zero-Ten(福岡市)。福岡を拠点に、映像制作や各地でのイベント企画運営などを手がける。同社がシェアオフィスを始めたきっかけは、協業パートナーの発掘・確保だったと同社代表取締役社長の榎本次郎氏は話す。「受注する案件が大きくなっていくにつれ、自社だけではこなしきれなくなってきました。外注に出す機会も増え、パートナーを見つける手間と時間を圧縮したいというのがあり、始めたのがThe Companyです」

 同社は東京でシェアオフィスを利用した経験があり、そこで感じた問題、課題を取り込みながらThe Companyの運営に役立てているという。「マッチングをセールスポイントにしているコワーキングスペースも多く見受けられますが、あまりうまく機能しているとは言えないように思います。最初に“プロジェクトありき”で動き出せば、自然と繋がりながら拡げられると考えました」

 法人向けのオフィススペース、個人事業主・フリーランス向けのワーキングスペース、会議室などに加え、イベントスペースも備える。「入居者が自由に使えるフリースペース(約700㎡に120席)は、”距離感”に気を配りました。席同士が近すぎると気が散るし、遠すぎると交流が生まれません。イベントスペースはJTさんの協賛を得て、無煙タバコを吸えるスペースにしていますが、ここもいい交流の場になっています」。

カフェコーナーの後ろがイベントスペースになっている

Close Up

[PR]

協賛企業・団体