• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2016/12/22

コワークスペース探訪

大企業とベンチャーなど、三井不動産が橋渡し

31VENTURES Clipニホンバシ

 新しいビジネスを立ち上げたい大企業と、ベンチャー企業やクリエイターの橋渡しを行うコワーキングスペースが東京・日本橋にある。

 「31VENTURES Clipニホンバシ」(サンイチベンチャーズ・クリップ・ニホンバシ、以下Clipニホンバシ)がそれだ。三井不動産が運営している。ビジネス創造をテーマとして、企業やクリエイター同士を結び付けたり、新規事業の立ち上げをサポートしてくれる。施設内には、コミュニティマネージャーと呼ぶメンバーもおり、企業の事業戦略や支援内容の相談を受け付けている。

 利用者は約4割が大企業で、Clipニホンバシが主催するイベントや事業支援制度を活用している。

 コミュニティマネージャーのひとりで、三井不動産ベンチャー共創事業部の定塚敏嗣さんが話す。「世界を変えるような商品やサービスの多くは、ベンチャーが生み出している。企業を支援することで、長期的に続くビジネスを生み出したいと考えたのがきっかけ。また、当社としてもClipニホンバシの運営を通じて各企業と交流することで、自社における新規事業立ち上げの知見を積みたいと考えている」

 施設内は基本的にすべてフリースペースになっており、利用者同士が交流しやすくしている。外部の客を呼んで会議をしたい時には、ミーティングルームが30分1500円で利用可能。また、イベントやプレゼン用に最大32人収容可能なセミナールームも30分5000円で貸し出している。

施設内はフリースペースになっている。ミーティングを行う会議室やセミナールームもある(写真:藤原 達矢)
セミナールームの壁には、利用者のメッセージや取り組んでいる事業内容などが所狭しと貼ってある(写真:藤原 達矢)
ウオーターサーバーやコーヒーメーカーが設置してあり、無料で利用可能だ(写真:藤原 達矢)

 Clipニホンバシでは、利用者同士のコミュニケーションを促進する様々なイベントを実施している。新規事業立ち上げ経験者をゲストに招き、参加者ワークなどを通じて大企業とベンチャーの交流を図る「イントレnight」や、現在考えている事業やアイデアについてプレゼンする「チラミセnight」などを、ほぼ毎週開催している。

 また、新規事業を立ち上げたい利用者向けに、事業戦略や財務・資金調達など9つの分野に対して、相談やアドバイスなどを通して支援している。コミュニティマネージャーを通じて、Clipニホンバシが提携しているビジネス支援パートナーを紹介する。

壁にはイベントの開催案内やClipニホンバシから生まれた新規事業の紹介記事が貼ってある(写真:藤原 達矢)

Close Up

[PR]

協賛企業・団体