• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リポート

記事一覧

守谷版グリーンインフラ始動、コンサル×市で初協定

真鍋 政彦=日経コンストラクション【2017.12.25】

 「守谷市の魅力の1つである自然環境を未来に向けてどうやって残していくべきか、行政だけではなかなかアイデアが思いつかない。10年、20年先も緑を残しながら魅力ある都市として発展するため、グリーンインフラという概念、哲学を推進する福山コンサルタントと連携協定を結ぶこととなった」(松丸修久守谷市長)。

11月28日に守谷市役所で実施した包括連携協力に関する協定の調印式の様子。左が松丸修久市長、右が福山コンサルタントの福島宏治社長(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 茨城県守谷市と福山コンサルタントは11月28日、全国で初となるグリーンインフラ推進に向けた包括連携協力に関する協定を結んだ。市域全体を対象に、自然資本を活用した街づくりを進めるという新たな試みだ。

 グリーンインフラは自然の多様な恵みを賢く活用して、地域振興、防災・減災、環境保全といった社会の様々な課題を解決するインフラや土地利用計画のことを指す。2015年に国土形成計画や社会資本整備基本計画に「グリーンインフラ」の文言が盛り込まれたことで、自治体や国でこの考えは徐々に浸透してきた。

 守谷市が持つグリーンインフラとしてのポテンシャルは高い。例えば、自然豊かな里山環境があちこちに残っている。河岸の台地上にコンパクトに街が形成されており、水害のリスクは低い。

 さらに、市民ボランティアの積極的な活動で、木道や散策路などが自主的に整備されてきた。自然資本だけでなく、環境保全に理解のある市民も多いという。

市民ボランティアの手によって整備された丸太の散策路「鳥の道」。市内には、このような古くからの美しい里山景観が今も多く残っている(写真:守谷市、福山コンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都心から約40km圏内にありながら豊かな自然環境が残されていることなどから、守谷市へ移住する人は今も増えている。日経BP総研が実施した「シティブランド・ランキング2017」の調査では、住みよい街として全国1位に輝いた。

(発表資料:シティブランド・ランキング ―住みよい街2017―

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ