リポート

記事一覧

厚労大臣最優秀賞は、竹富島が進める予防医学

「第6回健康寿命をのばそう!アワード」開催

伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス【2017.11.30】

「日経デジタルヘルス」2017年11月17日付の記事より

 厚生労働省が推進する「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環である「第6回健康寿命をのばそう!アワード」表彰式が2017年11月13日に開催された。スマート・ライフ・プロジェクトは、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく過ごすことを目指した国民運動である。応募総数70の企業や団体、自治体から、竹富診療所の取り組みが厚生労働大臣 最優秀賞に選ばれた。

厚生労働大臣の加藤勝信氏
[画像のクリックで拡大表示]
 表彰式に登壇した厚生労働大臣の加藤勝信氏は、「安倍内閣は、人生100年時代の構想を描いている。その基盤となるのは、まさに健康だ」と述べた。健康寿命を延ばし、平均寿命との差を縮めるためにも、「日頃から国民一人ひとりが自らの健康に強い関心を持って予防や健康づくりに取り組んでいくことが重要」と呼びかけた。

 自身も10階にある執務室まで階段を利用しているといい、「健康意識を持てば、時間がない中でも工夫を施すことはできる」と話した。今回受賞した企業や団体、自治体は優れた取り組みをしていると強調し、「こうした取り組みが広く社会に広がっていけば」とした。

表彰式の様子
[画像のクリックで拡大表示]

特定健診の受診率が向上

 最優秀賞に選ばれた竹富診療所は、沖縄県にある人口約360人の島で予防医学の取り組みを進めている。竹富町役場や竹富公民館と連携して、生活習慣への介入として健康に関する推進部会「ぱいぬ島健康プラン21in竹富島」を結成。同会が主体となり、体を動かす健康づくりのための6つの取り組みと、心と頭の健康づくりの取り組みを7つ実施している。

竹富診療所の取り組みが表彰されている様子
[画像のクリックで拡大表示]

 健康づくりのためには、毎週火曜日に竹富町立竹富小中学校のグラウンドでウォーキング会を開催する「歩け歩け運動」や、映像と音に合わせて体を動かす「JOYBEAT」などの取り組みを行っている。

 心と頭の健康づくりに関しては、毎年5回医療講話を開催している。がんや生活習慣病、虚血性心疾患、脳卒中、在宅医療など島民のニーズに応じたテーマを扱うという。さらに、診療所と役場が連携して保健指導も実施している。診療所に足を運ぶことが難しい人には、保健師や医師による定期的な家庭訪問を実施し、必要に応じて生活習慣の改善指導も行っている。その結果、島の特定健診受診率や特定保健指導実施率が大幅に改善したという。

「過疎地域の参考に」

 竹富島で予防医学の取り組みを進めるのには理由がある。島民の健康が「竹富島クライシス」と命名されるほど、危機的な状況にあったのだ。

 具体的には、沖縄県の男性の都道府県別の平均寿命が1985年の全国1位から2010年には30位に後退した。さらに、全死亡者における65歳未満の男性が占める割合が、竹富島は全国平均の倍以上の値であるという。一方、一人当たりの医療費は全国平均の半分くらいの値で、定期的な医療機関への受診ができていないとみられる。重症化してから医療機関にかかる人も多いため、入院の割合も高かったという。

自治医科大学 学長の永井良三氏
[画像のクリックで拡大表示]
 竹富島での取り組みが最優秀賞に選ばれたことを受け、評価委員長を務める自治医科大学 学長の永井良三氏は、「離島での取り組みは、過疎地域などにも参考になるのではないか」と述べた。評価を受け上では、根拠がしっかりしていることやデータがあること、どの地域でもできることが重要だという。

保育園児から健康習慣づくり

 表彰式では、厚生労働省にいきいき健康大使に任命されたプロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎氏と女優の菊川怜氏によるトークセッションも開催された。

 三浦氏は、「企業と団体、自治体がそれぞれ実績を出している。各取り組みについてのプレゼンテーションを聞きながら嬉しく思った」と述べた。さらに、愛知県東郷町では、保育園に通う児童を対象にした健康習慣づくりに取り組んでいることに触れ、「あらゆる世代に広がっていることが素晴らしい」とした。

(左)女優の菊川怜氏、(中央)厚生労働大臣の加藤勝信氏、(右)プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 健康寿命をのばそう!アワードで表彰された企業や団体、自治体は次の通り。

<厚生労働大臣 最優秀賞>
竹富診療所

<厚生労働大臣 企業部門 優秀賞>
ユニー
<厚生労働大臣 団体部門 優秀賞>
全国健康保険協会 愛知支部
<厚生労働大臣 自治体部門 優秀賞>
大分県

<保険局長 優良賞>
トッパングループ健康保険組合
全国健康保険協会 沖縄支部

<健康局長 企業部門 優良賞>
旭松食品
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険
熊本KDSグループ
太陽生命保険
<健康局長 団体部門 優良賞>
岡山県生活協同組合連合会
社会医療法人平和会
静岡県在宅保健師の会「つつじ会」
<健康局長 自治体部門 優良賞>
山口県 萩市
大阪府 東大阪市
北海道 美唄市
東京都 足立区
愛知県 東郷町

<みんなのスマートライフ賞>
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険

この記事のURL http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/report/112000094/