• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リポート

記事一覧

注目事例その後

国内最大級の病院PFI「多摩医療PFI」、協力企業の統括で業務改善

「ファシリティマネジメント フォーラム2018」リポート(2)

守山 久子=ライター【2018.4.10】

建築物のライフサイクルコストは、建設コストの数倍ともいわれる。PPP/PFIにおいては、運営、維持管理における民間ノウハウ導入が建物の評価を大きく左右することになる。第12回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)を受賞したPPP/PFIのプロジェクトを見てもそれは明らかだ。2018年2月に都内で開催された「ファシリティマネジメント フォーラム2018」(主催:日本ファシリティマネジメント協会)での受賞者講演をリポートする。

第12回JFMA賞で「優秀ファシリティマネジメト賞」を受賞した「多摩医療PFI」は、特別目的会社として、2つの病院を複合した医療施設のファシリティマネジメントを担う。資本金は5億円で、清水建設が95%、パナソニックが5%出資している。同社社長の五代正哉氏は、「サービスプロバイダー」として病院の日常の業務改善を支える取り組みを説明する。

[画像のクリックで拡大表示]
多摩医療PFI代表取締役執行役員社長の五代正哉氏(写真:守山久子)

 「提供するサービスが幅広く、業務をどのようにマネジメントするかが大きなテーマとなった」。東京都立多摩総合医療センターと東京都立小児総合医療センターという2つの病院で構成される医療施設を維持管理するSPC(特別目的会社)、多摩医療PFI(東京都中央区)の五代正哉代表は、この施設でのファシリティ・マネジメント事業をそう総括する。

 2つの医療施設は、それぞれ789床、561床の病床を有し、多い日には合わせて3000人近い外来患者が訪れる。年に1万2000台の救急車を受け入れるなど救急医療に力を入れ、がんなどの先進医療、小児精神医療、周産期医療などに特徴を持つ。

 施設は、2024年度の完成を目指す多摩メディカル・キャンパス(東京都府中市)の再整備計画に基づいて、50ヘクタールの敷地内に建設され、2010年に開業した。

 建物の上層階は多摩総合医療センターの病棟と小児総合医療センターの病棟に分かれ、低層階が一体化した構成を取る。高層階の病棟のうち、小児総合医療センターの病棟は、5階のルーフコートに設けた丘の広場を囲むように配置している。

 また、PFI方式のプロジェクトでは簡素な内装が基本となる。多摩総合医療センターの病室内の床にはワックスなしでメンテナンス可能な天然リノリウムを用いるなど維持管理費の削減に配慮した。 

運営、維持管理を担当する2病院。一体的な建物となっている(資料提供:多摩医療PFI)
[画像のクリックで拡大表示]

 施設のエントランスに設けたホスピタルモールには、カフェやレストラン、コンビニエンスストア、講堂を設置。その先に、多摩総合医療センターと小児総合医療センターの外来ホールが続く。3階はICU、4階は病院の管理部門などが並ぶ。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ