• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リポート

記事一覧

注目事例その後

開館6年目で来館1000万人の武蔵野プレイス、立ち寄りたくなる仕掛けが随所に

「ファシリティマネジメント フォーラム2018」リポート(1)

守山 久子=ライター【2018.4.3】

建築物のライフサイクルコストは、建設コストの数倍ともいわれる。PPP/PFIにおいては、運営、維持管理における民間ノウハウ導入が建物の評価を大きく左右することになる。第12回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)を受賞したPPP/PFIのプロジェクトを見てもそれは明らかだ。2018年2月に都内で開催された「ファシリティマネジメント フォーラム2018」(主催:日本ファシリティマネジメント協会)での受賞者講演をリポートする。

第12回JFMA賞で「最優秀ファシリティマネジメント賞(鵜澤賞)」を受賞したのは、武蔵野市立「ひと・まち・情報 創造館 武蔵野プレイス」(以下、武蔵野プレイス)だ。図書館を軸に4つの機能を融合させ、開館6年目で累計来館者数が1000万人を超える施設へと成長した。そのハード、ソフト面での来館を促す仕掛けについて、指定管理者である武蔵野生涯学習振興事業団の前田洋一理事長らが発表した。

[画像のクリックで拡大表示]
武蔵野生涯学習振興事業団理事長の前田洋一氏(写真:守山久子)

 2011年7月、武蔵野プレイスはJR中央線武蔵境駅の南口駅前に開館した。基幹機能となる図書館と生涯学習、市民活動支援、青少年活動支援という4つの機能を集めた施設だ。武蔵野総合体育館などの指定管理を行っている武蔵野生涯学習振興事業団が、指定管理者として運営・維持管理を担う。

 「固定的なサービス機能を館内に並置した寄せ集めの施設ではなく、4つの機能が連携、融合して新しい価値を生み出す複合機能施設を目指した」。開設準備に5年、開館後の館長として2年、同施設に関わった前田洋一・武蔵野生涯学習振興事業団理事長はそう話す。

 武蔵野プレイスは延べ床面積約9800m2、地上4階・地下3階建ての施設だ。開館時に80万人を想定していた年間来館者数は2016年度に195万人へと増加し、累計来館者数も6年目で延べ1000万人を達成した。

 ファシリティマネジメントの観点から見ると、武蔵野プレイスの建築計画には2つの大きなポイントがある。

 1つは「施設の機能を進化させていく建築」とすること。もう1つは「環境負荷を軽減し、世代を超えて受け継ぐため、物理的耐久性を有した100年建築」とすることだ。

 なかでも前者は、4つの機能の有機的な連携と融合を実現するために重要な軸となった。いわゆるハコモノ建設となることを避けるために、ハードとソフトが相乗効果をもたらす施設計画を志向した。個別の目的のために来館する「目的的利用」の施設から脱して、ぶらりと立ち寄っても状況に応じて過ごせる「状況的利用」に対応した施設を目指した。

 そのために、ハード面の整備では「ブラウジング」の考え方を徹底させた。「年齢も目的も異なるさまざまな市民が、この場所に思い思いに集まり館内を巡り歩く。来館目的以外の活動や情報への無意識な接触を促すことで、さまざまな出会い、交流が生まれるような『場』を提供していく」(前田氏)

[画像のクリックで拡大表示]
館内を巡り歩くことを意識したフロア構成(資料提供:武蔵野生涯学習振興事業団)
[画像のクリックで拡大表示]
武蔵野プレイスの外観。手前の公園と一体となった賑わい空間を創出している(写真:日経BP総研)
企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ