• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

事例研究

記事一覧

規則で縛らない「図書館」に人が集まる――大和市の複合施設「シリウス」

オープン5カ月弱で100万人、“市民の居場所”目指す

茂木 俊輔=ライター【2017.4.26】

神奈川県大和市が2016年11月に開設した施設「シリウス」は、図書館、芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場などの複合体だ。各施設の融合・連携を図ろうと、運営には指定管理者制度を取り入れた。施設全体を一つの図書館空間とみなし、誰もが居場所を見つけられるようにした運営が好評だ。2017年3月半ばには、オープン135日で早くも来館者100万人を突破した。

「シリウス」の外観(写真:茂木俊輔)
[画像のクリックで拡大表示]

 大和市文化創造拠点「シリウス」は、小田急線と相鉄本線の大和駅近くの再開発ビル「YAMATO文化森」の大部分を占める神奈川県大和市の複合施設だ。市の図書館、芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場などを施設内に集めた。

 様々な機能が集まっている施設ではあるが、第一印象は「図書館」だ。館内に入ると、3層吹き抜けのエントランスホールが広がり、新刊本の展示台を兼ねたワゴン式の書架や座面が広くゆったり座れるいすなどが点在する。一角にはスターバックスコーヒー(以降、スタバ)の店舗。利用者はここで購入したコーヒーや持ち込んだ飲料を飲みながら、館内どこででも図書館の本を読むことができる。

1階から3階まで吹き抜けになったエントランスホール(写真:茂木俊輔)
[画像のクリックで拡大表示]
エントランスホールとスターバックスコーヒー。空間的に連続している(写真:茂木俊輔)
[画像のクリックで拡大表示]

 2階に上がると、2時間ごとに100円を払って利用できる有料の座席「市民交流ラウンジ」もある。窓際にはコンセント付きのカウンター席がずらり。吹き抜けとの間にカラフルなソファ席も置かれている。スタバのコーヒー1杯分の値段で6時間、落ち着いて学習できる環境のためか、平日の夕方は多くの席が高校生や大学生らしき若者で埋まる。利用者数は2017年3月末現在、累計1万5590人にのぼる。この「市民交流ラウンジ」と、無料で利用できる6階の「市民交流スペース ぷらっと大和」は、飲料だけでなく食べ物も持ち込み可となっている。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

pickup

ページトップへ