• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リポート

記事一覧

「国立公園満喫プロジェクトシンポジウム」リポート(1)

国立公園ステップアッププログラム、先行8公園の取り組み

訪日外国人利用者の拡大に向け、民間事業者との連携も

茂木 俊輔=ライター【2018.1.16】

国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化、2020年までに訪日外国人の国立公園利用者数1000万人を目指して環境省が取り組む「国立公園満喫プロジェクト」。2017年12月4日に都内で開催された同プロジェクトのシンポジウム「日本の国立公園を世界へ ~国立公園満喫プロジェクトが考えるこれからのインバウンド~」では、選定された8カ所の国立公園で進む先行的取り組みの報告が行われた。

 国立公園満喫プロジェクトでは、先行的に取り組みを進める8つの公園を選定し、各公園では2016年12月に「国立公園ステップアッププログラム2020」を策定。2020年を目標にインバウンド対応の取り組を計画的・集中的に実施している。阿寒摩周、十和田八幡平、日光、伊勢志摩、大山隠岐、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、慶良間諸島という8つの国立公園の公園管理事務所所長らが、プログラムに基づく取り組みの概要を報告した。


●阿寒摩周国立公園

 北海道の阿寒摩周国立公園では、「火山と森と湖が織りなす原生的な自然を堪能する」をコンセプトに、2015年に6.3万人だった訪日外国人利用者を2020年には15万人まで拡大することを目指す。

 取り組みとして、(1)原生的な自然で過ごす「上質な時間」、(2)原生的な自然の「新たな活用」、(3)「アイヌ文化」の体感という大きく3つがあることを説明したうえで、事業報告では阿寒湖のマリモ観察ガイドツアーと川湯エコミュージアムセンターの民間開放を代表例として紹介した。

 マリモ観察ガイドツアーはまず地元の合意形成を図ろうと、2017年7月に地元関係者らでマリモの保護と活用に関するプロジェクトチームを結成し検討を進めている。検討課題は、保護のための資金確保、ガイド育成、既存の観察施設との役割分担など。2018年夏以降のツアー試行開始を予定している。

[画像のクリックで拡大表示]
マリモ観察ガイドツアーの検討(当日の発表スライドより)

 民間開放を検討する川湯エコミュージアムセンターは、1999年4月に環境省が設置した施設。利用者は年間約1万5000人にのぼる。地域の意見も踏まえて必要な機能を整理したところ、休憩、交流、アクティビティー情報発信、外国人への情報提供といった4つの機能が挙がった。

 2017年12月にはそれを踏まえて施設の一部を改修する工事に着手。休憩や交流の機能を担うカフェスペースを確保し、アクティビティー情報発信の機能を担うツアーデスク用カウンターを設置する。2018年4月にはツアーデスクを開設し、カフェの試験運用を開始する予定。その後、公募条件を整理したうえで2019年1月にはカフェ事業者を公募し、同年4月からの本格運用を目指すという。


●十和田八幡平国立公園

 青森県と岩手県と秋田県にまたがる十和田八幡平国立公園では、十和田湖の湖水、八甲田、八幡平、岩手山の火山、乳頭温泉に代表される奥山の湯治場をテーマに取り組みを進める。訪日外国人利用者を2015年の7000人から2020年には3倍の2.1万人に拡大することを目指す。

 特徴は、奥入瀬渓流での自然散策、八甲田や八幡平でのバックカントリー、乳頭温泉での湯治、というように、アウトドアアクティビティーの拠点と滞在・癒しの拠点が同じエリア内にあること。これらを体験してもらう取り組みを進めている。さらに、十和田湖畔に代表される国立公園一等地の上質な滞在空間への再生を図る狙いから、景観を阻害する廃屋の撤去も進めている。

[画像のクリックで拡大表示]
十和田八幡平国立公園の取り組みの特徴(当日の発表スライドより)

 取り組みの報告には民間の立場から、公園内の乳頭温泉にある7軒の宿で構成する温泉組合の組合長も登壇。これら7軒の宿を巡ってもらう狙いで始めた「湯めぐりスタンプ帖」やその売り上げを元手に運行する無料シャトルバス「湯めぐり号」などを紹介した。

 環境省十和田八幡平国立公園管理事務所所長の森川久氏は「海外からの利用者は湯治場のたたずまいに魅力を感じているのではないか。おもてなし施設の整備と湯治場の情緒という原点が大切。この2つを大事にしながら取り組みを進めていきたい」と結んだ。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ