• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

2つの公園でPark-PFI導入、むつ市がマーケットサウンディング実施

小林直子=ライター【2018.1.4】

 青森県むつ市は市内の2つの都市公園「おおみなと臨海公園」と「金谷公園」それぞれについて、マーケットサウンディングを随時実施中だ。期間は2018年1月26日まで(参加申し込みは2018年1月15日まで)。両公園ともPark-PFI活用を想定している。

おおみなと臨海公園の周辺案内図(資料:むつ市)
[画像のクリックで拡大表示]
おおみなと臨海公園内に建設予定の新総合アリーナの現況写真(資料:むつ市)
[画像のクリックで拡大表示]

 「おおみなと臨海公園」は、むつ市の中心部に位置する都市公園(総合公園)で、大湊港の港湾区域内に位置する。面積は13万8000m2。むつ市ウェルネスパーク、ウェルネスはらっぱる、新総合アリーナ(2020年供用開始予定)などの多機能な運動施設が充実しているほか、むつ市国土強靭化地域計画、むつ市地域防災計画とむつ市原子力災害避難計画において、防災拠点としての重要な役割を担う公園である。

 また、国土交通省の「みなとオアシスおおみなと」として登録され、「みなと」を核としたにぎわいの拠点となっており、クルーズ客船の寄港や夏の花火大会メーン会場など各種イベント会場などに活用されている。スポーツ拠点・防災拠点・にぎわい拠点としての機能を持ち、居住誘導区域内の公園として、コンパクトシティを形成するための重要な都市施設。年間集客数はウェルネスパークが約19万人、新総合アリーナは約6万人を想定する。

 事業対象地は、同公園内に建設予定の新総合アリーナとその周辺の公園区域。設置する公園施設は「公募対象公園施設」(飲食店・売店等の便益施設、その他)と「特定公園施設」(広場、駐車場、その他)。個別対話の実施後、公募設置等指針の公告は2018年3月、設置等予定者の選定は同5月を予定し、2020年4月の供用(管理運営)開始を目指す。公募設置など計画の認定の有効期間(事業期間)は最長20年となる。

 マーケットサウンディングの個別対話では、同公園のあり方として「スポーツ拠点」「防災拠点」「賑わい拠点」の3つの主要機能を中心に展開することを前提とし、むつ市が予定している事業者公募に向けた意見や提案を募る。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ