• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

日産とDeNA、一般参加型の自動運転実証実験を来年3月に横浜市で開始

星野拓=チカラ【2017.12.18】

新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」のイメージ(資料:日産自動車・ディー・エヌ・エー)
[画像のクリックで拡大表示]

 日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は、一般モニターが参加する新しい自動運転交通サービスの実証実験を、神奈川県横浜市みなとみらい地区周辺で2018年3月5日より開始するとこのほど発表した。共同開発中の新サービスの名称は「Easy Ride(イージーライド)」。将来的には、無人運転車両を使い市民の足となるサービスにすることを目指している。

 今回の実証実験は、運転手の乗車が不要となる「自動運転レベル4(高度自動運転)」ではなく、その前段階のハンドル操作や加速・減速などを支援する「自動運転レベル2(部分運転自動化)」に対応した、一般モニターが運転操作を行う実験となる。日産が実験用の自動車を2台提供。DeNAは主に、目的地の設定、配車や支払い処理までを一括してできる専用のモバイルアプリの開発や、「遠隔管制システム」で車両の動きを管理するといったIT技術の提供などの役割を担う。

 「Easy Ride」は、「もっと自由な移動」をコンセプトに、外出することの難しい高齢者の移動手段や、利用者が少なく廃線になりそうな各種路線など、公共交通機関では手の届かない部分を補うサービスとして開発が進められている。今回の実証実験では、みなとみらい地区限定で、一般モニターが専用のモバイルアプリを使って配車操作などを体験でき、目的地についても「カレーが食べたい」などの目的や気分に合わせて簡単に設定できるようにするという。

 一般参加型の実証実験の期間は、18年3月5日から18日までの2週間。モニターの募集は18年1月15日まで受け付ける。また今回の実験は、横浜市が17年4月に立ち上げた「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」(I・TOP 横浜)の取り組みの1つとなり、神奈川県の「さがみロボット産業特区」における重点プロジェクトにも位置づけられている。DeNAの担当者は「将来的には、アプリで地元の穴場スポットやおすすめの店を紹介し、地域活性化にもつなげていきたい」と話す。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ