ニュース

記事一覧

保育園と公民館の複合施設整備をDBOで、鳥取市が事業者に意見募集

萩原詩子=ライター【2017.12.7】

城北保育園・城北地区公民館の複合施設の事業予定地(資料:鳥取市)
[画像のクリックで拡大表示]
複合施設の基本配置図(資料:鳥取市)
[画像のクリックで拡大表示]

 鳥取市は、城北保育園と城北地区公民館の移転新築について、2018年1月にサウンディング型市場調査を実施する。

 現在、別の場所に建つ城北保育園と城北地区公民館は、いずれも築35年を超え、老朽化が進んでいる。鳥取市では、両者を複合施設として警察署跡地(面積6465.15m2)に移転新築する予定だ。事業はDBO(設計・施工・運営一括)方式で、土地は無償貸し付け、建物の公民館部分を市が買い取り、保育園部分は民間事業者が国の補助金を受けて整備し、運営することを想定している。完成目標は2020年3月だ。

 調査は2018年1月、事業者ごとに30~60分程度の直接対話を行う。事業手法やスケジュール、公募条件、施設整備などについて意見交換する。エントリーシートによる申し込み受け付けは12月5日~27日。

この記事のURL https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/120400539/