• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

PFI導入視野の「多摩メディカル・キャンパス」基本構想案、都民の意見を募集

萩原 詩子=ライター【2017.12.5】

機能強化の方向性(東京都の基本構想案より)
[画像のクリックで拡大表示]
施設整備イメージ機(東京都の基本構想案より)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都は、府中市にある多摩メディカル・キャンパスの整備基本構想案を公表した。11月27日から12月15日までの間、都民の意見を広く募集している。

 多摩メディカル・キャンパスには、多摩総合医療センター、小児総合医療センター、神経病院の3病院に加え、東京都がん検診センター、府中療育センター、府中看護専門学校がある。一部施設は老朽化が進み、また地域や医療を取り巻く環境も変化していることから、都病院経営本部では、2015年2月に外部有識者や関係施設長などで構成する「多摩メディカル・キャンパスあり方検討会」を設置。16年2月に報告書をとりまとめ、これを踏まえて具体的な整備の方向性を検討してきた。

 今年11月に公表した「多摩メディカル・キャンパス整備基本構想(案)」では、新たなキャンパスの役割を「I 多摩地域の高度・先進的な医療の拠点」「II 地域医療支援の拠点」「III 災害時における継続した医療の確保」とし、老朽化した神経病院の改築を軸にキャンパスの再構築を掲げている。がんや難病医療の高度化、小児・周産期医療の対応力や重症患者の受け入れ機能の強化、救急医療の充実などが目的だ。

 施設については、神経病院の移転改築のほか、駐車場の増設や保育棟の整備、災害用の備蓄倉庫や井戸の設置などを行う。PFIの導入も視野に入れており、その場合は現在進行中の多摩総合医療センター・小児総合医療センターのPFI事業(24年度契約満了)との一体的な運営が求められる。

企画・運営
  • 日経BP総研
健康ソリューション

<新設!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。


お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ