ニュース

記事一覧

「マネジメント型まちづくりファンド」第1号に、沼津市の“泊まれる公園”

黒田 隆明【2017.11.1】

 地域のまちづくり事業に出資することにより支援する「マネジメント型まちづくりファンド」(関連記事)による全国第1号のまちづくり事業への出資が10月30日に実行された。民間都市開発推進機構(民都機構)が明らかにした。

 沼津信用金庫と民都機構が出資して設立された「ぬまづまちづくりファンド」が出資を行ったもので、対象事業は、“泊まれる公園”をコンセプトに、宿泊・飲食・自然体験アクティビティの3要素を組み合わせた複合施設「INN THE PARK」だ(関連記事)。同市の「沼津市立少年自然の家」跡地をリノベーションしたもので、運営会社であるインザパークに同ファンドより2000万円が出資された。

[画像のクリックで拡大表示]
「INN THE PARK」の内外観と公園内の風景(写真:インザパーク)

この記事のURL https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/110100501/